スポンサーリンク

小中高とエリートを続けて高学歴になる人達の人生パターン

スポンサーリンク

 

高学歴になった人達の人生のパターン・生活の特徴について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

高学歴となった人の代表的な3つの人生パターン

1「裕福な親に大切に育てられたパターン」

 

経済的に余裕のある両親に中学受験を指示され、学習環境の良い私立中学・私立高校と順調に進学して、その間にも質の高い塾に通って学力を上げ、無事に有名大学に合格できたパターン。

両親が高学歴である事が多く、その子どもも生まれつき賢い事が多い。このパターンは、お坊ちゃま育ち、お嬢様育ちの人生。

 

 

 

2「本人が秀才であるパターン」




スポンサーリンク



 

辛い思いをして詰め込み勉強をしなくても、遊ぶ片手間にさらっと勉強をして高い成績を維持し、地元有数の進学校へ進み、その後に当たり前のように難関大学に合格するパターン。

天才とまでは言えなくても、間違いなく秀才である。同年代の学生から見れば天才的に映る。

 

 

 

3「苦学の末に高学歴化するパターン」

 

勉強の素質はそれほど優れていないが、中学高校と猛勉強をして大学受験対策をし、時には浪人もして、有名大学に合格する、努力の人のパターン。

その努力と意志の強さは立派だが、上級の大学の大学生ほど「勉強はできて当たり前。問題は、勉強以外に何ができるか」というような人ばかりになっていくので、勉強以外取り柄の無い自分に絶望する事も多い。




スポンサーリンク



 




高学歴になった人の特徴と人生傾向

 

小学生高学年のころから1日3時間程度の塾通い→有名中高一貫校へ入学→有名大学に現役合格、
ってパターンが多い。

 

好奇心と知識欲がおう盛。

 

意外にも、ガリ勉タイプはそう多くない。
頭が良くて、性格も良くて、顔もけっこう良くてモテて、リア充、みたいな生まれつき基礎スペックが高い人が多い。

 

「知能が高くて金持ち」の両親の間から生まれた「知能の高い子ども」が楽々と難関大学に合格する。

 

集中力がものすごい。

 

基礎を完璧に押さえていることが多い。

 

「勉強が楽しい」という感覚を持っていて、遊びの延長で勉強をしている人がけっこうな割合でいる。

 

TVゲームが強い人が多い傾向がある。特に、ぷよぷよみたいなパズルゲーム。

 

勉強と遊びの切り替えがきっちりできている。

 

性格・趣味・言動面で、変人っぽい人がけっこういる。

 

期末テスト前なのにカラオケで遊んでいて学年トップ、
高校時代は遊びまくっているのに現役で早稲田合格、という奴がいた。
くやしいけれど、天才は実在する。

 

長時間勉強の効果で有名大学に合格する人もいるが、
本当に凄い人は短時間の勉強で全てをマスターしてしまう人。

 

東大に合格する人は、他の受験生とは根本的に何かが違う。
彼らはもちろん努力もしているんだろうが、「生まれつきの頭の造りの差」がほぼ確実にあると思われる。

 

結婚する相手は、自分と同程度の学歴と年収の異性ばかり。

 

親や周囲に求められるままに猛勉強してエリート街道を突き進んで大企業に入社するが、
「これで、あとは定年まで激務が続くだけか…」と人生の空虚さに悩む人もいる。

 

高学歴な人は、能力の高さと年収の高さのおかげで余裕たっぷり、何事にも鷹揚な態度。
低学歴な人はその正反対。

 

高学歴になった人の青春の光景

 

学校内では、期末試験の上位20位以内にランクインしている事が多いので、同級生から「勉強ができる人」という事で一目置かれている。

全国模試では全国偏差値が60を超え、旧帝大志望クラスでは70にも迫るので、クラスメイトや親からは賞賛されて学生生活を過ごす。(ただし、県下トップレベルの進学校だと自分の周囲も同等の成績なので、高偏差値でもあまり目立たない)

長年の努力と生まれもった勉強の素養が組み合わさって、センター試験・私立大学試験・国立大学二次試験を制して見事難関大学に合格すると、同級生や高校の担任からは褒め称えられ、親戚一同からも絶賛される。




スポンサーリンク



学生時代の思い出は、後年になって美化される事が多いので、難関大学合格というサクセスストーリーは人生最高クラスの思い出となることも多い。

難関大学合格が人生のピークとなって後は下り坂の人生の人と、能力の高さゆえに難関大学合格を当然の結果として特に喜びもせずに以後は上へ上へと昇っていく人とに分かれていく。

 




学歴に執着する親から子どもが猛勉強を強制されることも

 

親が学歴コンプレックスを抱いているパターン

自分の学歴に不満がありこれまでの人生で辛い思いをしてきたので、そのせいで、自分の子どもはなんとしてでも高学歴にしたい、という親が、子どもに猛勉強を強要してしまう。

 

 

 

自分が行きたかった有名大学へ子どもを行かせようとするパターン

親自身が高学歴だが、「東大へ行きたかったのに、実力不足で、他の旧帝大へ行かざるを得なかった」、というケースが多い。

子どもの人生を使って、自分が叶えられなかった夢を叶えたい!という思惑や、過去の自分が味わった屈辱を我が子に味わわせてはいけない、という親心が関係している。




スポンサーリンク



とにかく子どもの学力を引き上げないと、過去に自分の二の舞になってしまうので、虐待に近いレベルで子どもに勉強を強制してしまう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました