スポンサーリンク

経験上これだけはやめとけという、人生での危険な行為集

 

「経験上、これだけはやめとけ」という事を、身近で危険なことや、人間関係や、健康に関することなど、

各分野で絶対にやめておいた方がいいことについてネット上で調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「日常で起こりうる身近な行為」で、これだけはやめとけ

 

「深酒をして、泥酔状態になること」。
他人への暴言・暴力・飲酒運転・軽犯罪などを起こす確率が非常に高くなり、
それがきっかけになって、これまで築き上げてきた人生が壊れることも決して珍しくない。

 

「自転車で走行中に、ふざけて手を交差させてハンドルを持ったり、
ハンドルに傘を掛けたまま運転すること」。
骨折級のハデな転倒が起きる。

 

「借金の連帯保証人になること」。
友人知人の保証人にも絶対なってはいけないし、
親兄弟の保証人にも絶対なってはいけない。

 

「学校をサボったり、宿題を提出することをサボること」。
高確率でサボり癖・逃げ癖が染みついてしまい、その悪癖は生涯にわたって悪影響を及ぼす。

 

「他人に借金のお願いをされて、お金を貸してしまうこと」。
貸したお金はほぼ100%返ってこない。
社会では、お金を貸した=お金を譲った、という意味合い。

 

「クレジットカードのキャッシングや、消費者金融を気軽に利用すること」。
だんだん与信枠の金額が通帳残高だと錯覚するようになり、借金地獄がスタートする。

 

「飲み会などで、ノリで酒の一気飲みをすること」。
特に初回が危険。
自分のアルコール耐性の度合いを知らずにやると、
急性アルコール中毒で救急車で搬送されることになったり、最悪の場合は死亡する。

 

「深く考えず、物事の契約を結ぶこと」。
原則的に契約とはどちらか片方が大幅に有利なものであり、対等な契約はこの世にほぼ存在しない。
訪問販売みたいな相手側から持ちかけてくる契約なんて論外。

 

「その場の感情に流されること」。
結果は十中八九、ろくなことにならない。
自身の感情に対し、
『あ、今感情に流されそうになってる』『今の判断は、感情に傾いていないか?』
と常に警戒すること。

 

「格安の賃貸物件に住むこと」。
住民の質が最悪で住民とのトラブルが多発したり、
過去にその部屋で自殺や他殺が起きた物件だったり、
住んでみて後悔することは確実。
家賃の額と、住民のモラル・民度・環境の安全度は、綺麗に比例している。

 

「エナジー系のドリンクを毎日飲むこと」。
カフェインの過剰摂取になり、そのせいで自律神経失調症にかかって健康と精神が崩壊する。
ドリンクを飲み続けないと仕事を回せないほど忙しい、という無理のあるスケジュールの方を修正しろ。

 

「人生で、挑戦することを止めたり放棄すること」。
人間の人生が終わる根本的・根源的な原因は、建設的な目標に向けた挑戦を止めること。
社会には、人生が終わっている人間達があふれかえっている。

 

「高校や大学など、学校を中退すること」。
中退したら原則的に、人生が底辺行き。
中退して良いのは、卒業者よりも会社や社会で活躍できる、ごく一部の実力者のみ。

 

「失敗しない人生、普通の人生などを目指すこと」。
これをやってしまうと、人生は確実に失敗し、普通の人生すら歩めなくなる。
楽な方楽な方へと進んでいくと、人間・人生は必ずダメになっていく。

 

「やらない後悔よりやって後悔の方が良い、というたわごとを信じること」。
同じ後悔という結果でも、
やらない後悔:後から胸がもやもやするだけ
やって後悔:投入した金銭・時間・労力が無駄になったり、失敗によって信用を失ったり、場合によっては犯罪歴が付く

 




友人や恋愛など「人間関係」で、これだけはやめとけ

 

「誰にでも親切にし、誰とでも仲良くなろうとすること」。
嫌な人間・不快な人間にはきっぱりと冷たい態度を取って、離れるべき。

 

「不倫」。
俺(私)だけは上手くやれている。バレないから大丈夫。
とみんな思っている。
でも、ほとんどの奴らが悲惨な末路をたどっている。

 

「反社会的な言動をする人間や、昔はやんちゃしてました系の人間と付き合うこと」。
性格や習慣がそいつらのものに染められてしまって、底辺へ引きずり込まれる。

 

「友達間でのお金の貸し借り」。
数百円・数千円ならまだしも、数万円クラスの貸し借りは危険。
「金返せ」「まだ返せない」のトラブルで、あっという間に友情が崩壊する。

 

「親や友人知人が口を揃えて『やめとけ』という相手との恋愛・結婚」。
自分は脳内お花畑状態だから聞く耳持たずだけど、
後年になってみんなのアドバイスは正しかったと後悔する事態になる。




スポンサーリンク




「性格があまりにもネガティブな人と付き合い続けること」。
ネガティブが伝染してこっちの気分・運気まで落ち込む。

 

「孤立していたり、浮いている人の相手をしてあげること」。
以後、こちらが忙しい時でもお構いなしにつきまとってくるようになる。
浮いている人は、浮いているなりの理由がある、面倒くさい人間だということ。

 

「親のいいなり状態を続けること」。
主体性や、自分の頭で物事を考える能力が全く育たず、
親の操り人形のまま灰色の人生を歩むことになる。

 

「メンヘラと恋愛をすること」。
こっちにまでメンヘラが伝染して、人生が終わる。

 

「第一印象に違和感を覚える人間と付き合うこと」。
第一印象の違和感・直感はほぼ正しいので、離れずにいると、変な人間につきまとわれることになる。
違和感とは、
こいつ何だか気持ち悪いな
こいつ何だか感じ悪いな
こいつ何だか気味が悪いな
という感覚のこと。

 

「顔も思い出せないような薄い人間関係だった人から、
数年ぶりに突然呼び出され、それに応じること」。
十中八九、怪しい商品を売りつけられたり、宗教の勧誘を受ける。

 

「国際結婚をすること」。
特に、発展途上国みたいな経済力が低い国の異性は危険。
「お金がある人が、家族・親戚を養うのが当然」
という考え方が主流なので、大勢にお金をたかられるようになる。

 

「わざわざ議論を吹っかけてくる、面倒くさい人間と付き合うこと」。
自称思慮深い人間だが、実態はただの社会不適合者。
「こういう問題はあるけれど、みんなが楽しんでいる場で口にするべき話題じゃないよね」
と自粛している大人な人達の、完全下位互換の存在。

 

「周りがしているから、とか、なんとなく、という理由で結婚すること」。
まず人によって結婚適性の有無という差があり、
しかも結婚すると数々の法的制限・生活の制限を受けるようになり、
結婚相手次第で幸不幸が分かれるのでギャンブル性が非常に高い。
ちゃんと考えずに結婚した者は、ほぼ確実に不幸になる。

 

「他人を信じ切ったり、完全に心を許すこと」。
基本的に、人間はみんな自分だけが大事。
利他精神とは、余裕がある状況でのみモヤモヤ浮かんでくる煙みたいなあやふやな存在。
人間は追いつめられたり状況が悪化すれば、当然のこととして他者を裏切る。

 

「正論を突きつけて相手を従わせようとすること」。
多くの場合で正論は人を不快にさせるし、
相手・みんなは「何言ってんだこいつ…」みたいな感じになって、従ってくれずに離れていく。
正論を話して良いのは
相手が明らかに悪者で自分が絶対優位の場面とか、
集団が悪い方向へ向かっているのでそれを修正するための場面とか、
ごく限定的な場面だけ。




スポンサーリンク




「結婚相手の義理家族と同居すること」。
最悪的なストレスに毎日苦しめられ、ほぼ確実に離婚へ発展する。

 

「人生終わっている人間・人生詰んでいる人間に接触すること」。
自分の人生が詰んでいるから、他人を不幸にしたり攻撃することを使命にして活動していることが多々。
ネット上にかなり多い。

 

「健康面」で、これだけはやめとけ

 

「痛みが出ている虫歯を放置し続けること」。
かけがえの無い永久歯を抜歯・歯の神経を抜くことになったり、
虫歯菌が血流に乗って脳や心臓までめぐることになったり、
取り返しのない事態になる。

 

「タバコを吸うこと」。
健康面へ数々の悪影響があり、しかもニコチン中毒になり一定時間ごとに喫煙せざるを得なくなる。
おまけに世界は反喫煙の流れが加速しているので、これからは喫煙者は肩身が狭くなるばかり。

 

「髪を洗った後、ドライヤーで乾かさず、自然乾燥に任せること」。
これをしてしまうと、水分過多のせいで頭皮に雑菌が繁殖し、そのせいで高確率でハゲる。

 

「激務などを理由に、睡眠時間を削る日々を続けること」。
若くして心疾患やガンなどになり、早死にする。
睡眠時間を削ることが、最も生命力を削る行為。

 

「レーシック手術」。
レーシック手術が流行した数年後、数々の不具合や後遺症が出ることが各方面から報告されている。

 

「癖で、首をポキポキ鳴らすこと」。
何度も繰り返すと、そのうち頸椎を損傷し、指先などが麻痺して障害者になってしまう。

 

「糖質制限系のダイエット」。
女性もそうだけど、男性は特に抜け毛が激しくなりハゲへ一直線。

 

「なんか鬱っぽいから心療内科にかかってみること」。
精神科医による誤診多発中で、健常者が向精神薬を飲み続けたら本当に精神疾患になる。
本物の鬱に近い状態でも、薬を飲み続けると以後の人生はほぼ確実に薬漬け人生。
どちらの場合でも人生終了。
鬱になりかねないような現在の状況を見直せ。

 

「酒に依存すること」。
肝臓を筆頭にして身体がボロボロになり、
酔っていて気が大きくなった自分に頼るようになり、
しらふの自分では何もできなくなるようになる。

 

「安くて手軽だからという理由で、インスタントラーメン・袋麺を毎日食べること」。
スープに含まれる塩分量や油分がえげつないので、
高血圧になって全身の血管がボロボロになったり、油分過多でハゲる。

 

「仕事関係」で、これだけはやめとけ

 

「夜勤を年単位で続けること」。
自律神経失調症になり、心身に色々な不調が出てくる。

 

「重量物を持ち運ぶ仕事」。
たとえば、日雇い派遣や介護など。
腰を壊してしまうと、世の中のほとんどの仕事ができなくなり、人生が終わる。

 

「接客メインの仕事」。
長時間人間を相手にする仕事は、基本的に病む。

 

「販売額・販売数ノルマがある仕事」。
ノルマ達成に追われてひどく精神的に消耗するし、
なりふり構わなくなって友人知人家族を使ってノルマを達成しようとする。




スポンサーリンク




「女性比率が大きい職場で働くこと」。
女性達の派閥間闘争や、暗黙のルールなどに巻き込まれて、心身がボロボロになる。

 

「黒すぎるブラック企業に勤め続けること」。
うつ病などで精神的に壊れたり、深刻な健康被害を受けることになって、
取り返しのつかないことになり、廃人になる。

 

「仕事を辞めた後、充電期間として半年や一年休むこと」。
それは経歴の空白期間になって再就職不能になったり、
充電期間が、ずるずる無職状態を2年3年と続けるきっかけになる。
仕事を辞めたら、間を置かずに新しい会社で働き始めるのがベスト。

 

「フランチャイズ形式で店を出すこと」。
特にコンビニが危険。
店のオーナーは、親企業に合法的に搾取され続ける、現代の奴隷。

 

「派遣社員や契約社員などの非正規雇用者になること」。
35歳以降は派遣先が一気に少なくなり、先細り人生になる。
能力不足のせいで非正規にしかなれない…という人はともかく、
楽そうという動機で非正規をやっている人は、いますぐに考えを改めるべき。

 

「精神面」で、これだけはやめとけ

 

「他人を心の中で見下すこと」。
この行為は癖になって簡単に行動に染みつくうえに、
目つきや言動の節々に見下していることがにじんでしまう。
周りから人が離れていく。
いつの日か、対面相手からぶん殴られることになる。

 

「ネット上で、他人や物事を批判し続けること」。
自身の考え方や物の見方がひねくれるようになり、
実世界でも他人に愚痴や悪口を言うような人間になってしまう。

 

「自分に嘘をつくこと」。
自分に嘘をつけばつくほど、自分の人生が自分の望むものとはどんどんかけ離れていく。

 

「親や他人の顔色を、必要以上にうかがい続けること」。
自分が本当にやりたいことや、自分という人間は本当はどういう人間なのかがだんだん分からなくなっていく。

 

「自己啓発系やスピリチュアル系の本やセミナーにハマること」。
それらのほぼ全ては詐欺。

 

「悪意ある言葉を、実際に口に出し続けること」。
その言葉が、いつの間にか思考と性格を染めてしまって、ダメな人間へと変わる。

 

「自分と他人をすぐに較べようとすること」。
自分より上の人間なんて地球に数限りなくいるんだから、
そいつらに一生嫉妬する、不幸人生が確定してしまう。

 

「趣味に関する行為」で、これだけはやめとけ

 

「パチンコや競馬などのギャンブルに手を出すこと」。
ギャンブルの勝ち負けの影響で脳内の報酬回路が物理的に変化し、ギャンブル中毒になってしまう。
脳の回路が変わったら、もう自分の意思ではギャンブルを止められない。

 

「アイドルや、声優に入れ込むこと」。
お金を徹底的に搾取されて、あとには虚無感しか残らない。

 

「その時の気分だけで、タトゥーを入れること」。
何年後かには確実にタトゥーに飽きているし、
温泉や銭湯やプールにはタトゥーを理由にして出入り禁止になる。

 

「ネットゲーム」。
ハマるうちに、ネトゲ世界内での人間関係や自身が築いた地位や期間限定イベントなどに縛られるようになる。
そのせいで、学校中退・留年・退社が起きやすくなる。




スポンサーリンク




「ソーシャルゲームで課金し続けること」。
後から振り返ると、何の意味もない行為で、お金を無駄にし続けただけ。

 

「小学生とか中学生みたいな分別がついていない年齢時に、
動画サイトに自分を撮影した動画をアップロードしまくること」。
特級の黒歴史がネット上に半永久的に残り続けるハメになる。

 

「SNSにハマること」。
ハマった結果で得るものは、
承認欲求に振り回されて疲れ切った精神や、アカウントの炎上、みたいなものばかり。

 

「他人を悪口で傷つけることが好き、とか、他人の奥さんとの不倫が好き、みたいな悪趣味」。
世の中、他者を不幸にすることで成り立つ物事は長続きしない。
悪趣味に手を染めている時点で自身がマイナスの領域に置かれているので、人生が破滅的な方向へどんどん進んでいる。
その状況でも無事で済むのは、相当な実力者とか権力者だけ。

 




「その他」、これだけはやめとけ

 

「芸大や音大へ進もうとすること」。
まず入試の時点で異常に難しいし、
芸大・音大の卒業生のほとんどは芸術で食えていない。

 

「博士号を取得し、教授を目指すこと」。
その挑戦をした人のほぼ全てが、ポスドクのままワーキングプアへ堕ちている。

 

「興味本位で、事故物件に住んでみたり、非常に悪い噂が立っている心霊スポットに行くこと」。
異常に運気が落ちたり、悪い事が立て続けに起きたり、本当にたたりが起こる。

 

「日焼けサロンや、夏のサーフィンなどで、肌を焼きすぎること」。
肌にしっかりダメージが蓄積していて、後年、肌がシミだらけになる。

 

「親の介護を、責任感や親へ感謝などを理由にして、自宅でしようとすること」。
素人の手に負える負荷レベルをはるかに超えているので、絶対無理。
ほどなくして自分も親も共倒れになって、後には何も残らない。
お金を払って施設に預ける(介護のプロに任せる)ことが最善手。

 

「宗教にハマること」。
メジャーな宗教・新興宗教、どっちもアウト。
宗教はクズが更生する道具としてはなかなか役立つが、まともな人間には毒物。
ハマったら、家族関係や友人関係がほぼ確実に崩壊する。

 

「漫画やゲームやアニメ系の専門学校に通うこと」。
あれはただのモラトリアム延長用の場。
卒業しても、その方面の職業にはほぼ間違いなく就けない。




スポンサーリンク




「生活で、過度の断捨離をすること」。
断捨離崇拝の真相は、
「低収入で物が買えなくなった敗者達が、そんな自分自身をどうにか肯定するための考え方」。
収入を上げる努力をせず、貧乏な自分を肯定する奴らの言うことなんて真に受けるな。

 

「自分には分不相応な夢を追うこと」。
特に、歌手とか声優とかアイドルとか芸能人みたいな、表舞台系の夢が危険。
医学科合格とか司法試験合格とか要高学力系の夢も危険。
その夢に挑戦した人達の98%くらいは人生が破壊されている。
眼高手低
志大才疎
は破滅へ続く道。

 

「人生で、選択と集中を先送りにすること」。
先送りにすればするほど、凡庸な人間のまま人生が終わる危険性が高まっていく。
若い時に選択と集中を心がけていると、ひとかどの人物になりやすい。

 

「女性が、度を超えたわがままを言い続けること」。
女性はお姫様のように大事に大事に育てられることが多いから、
我慢・妥協・引くことをまったく知らずに成人してしまうことも珍しくない。
主に結婚後に、女性側のわがまま要求が人生の致命傷になる。

 

「コストパフォーマンスばかり意識して、買い物や選択をすること」。
こんなことをしていても、心がせまくてみみっちくてつまらない人間が出来上がるだけ。
買い物や人生の選択では、『持ってけドロボーの気持ち』でちょうど良いものがいくつかある。

 

「短時間で、一気に大きな成果を得ようとすること」。
この世では基本的に、成果の大きさとリスクの大きさは比例関係にある。
ギャンブルとか、ハイレバレッジのFXとか、仮想通貨とか、薬なんて、リスクが大きすぎる。
守るべき財産や地位がある人達は日頃から意識的に避けなければならないもの。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました