スポンサーリンク

高学歴型やできる人型や才能型など、頭の良さの5つのタイプ

スポンサーリンク

 

実際に社会で成功していたり、業界の最前線で活躍している人達がもっている実用的な賢さは、おおよそ5パターンに分類できると思われます。

勉強ができることも賢さの1つ。お金を稼げることも賢さの1つ。賢い人のパターンを解説します。

 

スポンサーリンク

特に頭が良いとされる、5つの賢さタイプ

1.記憶力と学力に優れる「高学歴タイプ」

 

学生時代から勉強が得意で、有名大学へ進学するタイプの頭が良い人。

就活では大学ブランドによって非常に優遇されるので、安定した大企業などにこのタイプの人が多い。

東大生の中でもこの「高学歴タイプ」の人は、「あまり創造性が求められず、前例のある複雑な事務作業と知的労働を大量にこなす仕事の『官僚』」にうってつけの人材。




スポンサーリンク



 

 

 

2.リスクを取って大きく稼げる「冒険者タイプ」

 

株式投資やFX、起業などのリスクが高い物事に取り組んで成功を収めるタイプの頭が良い人。

学力とはまた別次元の能力である「度胸」や「独自の情報網」や「稀少なコネクション」などをもっている。

また、危険を察知して事前に回避できるような第6感的な独自の嗅覚ももっている。会社経営者や専業トレーダーの中にこのタイプが多い。

 

 

 

3.作業遂行能力に優れた「できる人タイプ」

 

スタート地点から、作業完了というゴール地点までの地図を大局的に見据えて、最短ルートを進む事が出来るタイプの頭が良い人。

物事の優先順位を考えて不要不急のモノは後回しにし、時にはばっさりと切り捨て、重要度の高いモノから先に手を付けていく。仕事をいっしょにする仲間達への根回しやコミュニケーション能力にも優れる。




スポンサーリンク



職場で「できる人」と呼ばれるリーダー格の人にこのタイプが多い。

 

 

 

4.創造的で特殊技能をもつ「才能人タイプ」

 

特定の分野に異常な興味と執着を示し、既存の手法を短期間でマスターしてさらに新しいオリジナル手法を開発できるタイプの頭が良い人。

物事の本質と、物事同士の関係性を見抜く洞察力に優れるため、「才能人の思考の座標」は常人の思考の位置とは異次元を漂っている。




スポンサーリンク



この才能人タイプの最上位が、学問や研究で歴史に名を残すほどの大発見をしたり、社会を変革するほどの発明をする「天才」。

才能人は漫画や小説のような創造的な分野に多いほか、各業界の一流は才能人である事が多い。

 

 

 

5.自分の幸福の形を知っていてそれを実現できる「幸せ者タイプ」

 

自分が本当にやりたい事ができていて、自分の生活と人生に満足しているタイプの頭が良い人。

たとえ高収入であっても激務過ぎてプライベートが皆無であり人生が全く楽しくない、という人はありふれている。あちらを立てればこちらが立たず…というのが常の人生において、物事の運びを上手く調整して最終的に自分が幸せになれている。

高学歴・低学歴を問わず、いろいろな場所に幸せ者タイプは存在している。

 




「頭の良さ」を定義する、ネット上の意見集

 

「広い視野」
「色々な角度からの視点」
で物事をとらえることができる。

 

物事の本質を見ることができる人が頭が良い。
話を聞いて、内容の枝葉の部分をそぎ落として、根幹のみに注目する。

 

中学の先生に教わったんだけど
「頭の良い人は先を見据えて、今のうちに何かしらの準備をする。馬鹿な人は、今しか見えていない」
だそうだ。

 

要領が良くて、事態の変化への対応力がある。

 

勉強タイプの賢い人にとっての頭の良さとは「記憶力」「一定の情報処理能力」「忍耐力」。
運動タイプにとっての頭の良さとは「体を、思った通りに正確に動かすことができる」「空間認識能力」。

 

頭の良い人は、少ない判断材料で、おおよそ正しい答えを導き出せる。
凡人は全ての判断材料が出てこないと答えが分からない。

 

思考のスタイルが合理的で、無駄が無い。

 

実は「忍耐力」「努力できこと」も頭の良さの1つ。
脳の機能が低いと我慢行為ができなくなるから。
それらの能力が備わっているかはその人の脳の造りに依存するから、本人の頑張りではどうしようもない。

 

真新しい事をみんな一斉にやらせて、一番早く対応できる人が一番賢い人。

 

中途半端に賢い人は「見下したい」「賢く見られたい」「論破したい」って動機に基づいて、わざわざ突っかかってくる。
賢い人は、わざわざ虚栄心を満たす必要が無いので、鷹揚に相手の話を聞いて、それからゆっくり自分の意見を述べる。

 

思考のスピードとか、記憶力とか、発想力なんかが明らかに常人とは一線を画していて、生まれつき頭の造りが違う人達は確実にいるよね。

 

人生を楽しんでいる人が賢い人。
人生を楽しんでおらず、いつも不快な気持ちで暮らしている人が頭の悪い人。

 

「自分が何をしたいのかを完全に理解していて、そのための行動が取れる人」が賢いと思う。

 




すぐにでも改善したい、頭の悪い3つの行為

 

すぐに思考停止する

複雑で難しいことに直面すると、とたんに脳がフリーズして考えるのを止めてしまうのは、頭の悪い人達の多くに共通してみられる悪癖です。




スポンサーリンク



まずは、「考える習慣」を身につけるのが先です。考える行為の、心理的ハードルを下げていきましょう。

 

 

 

今しか見えていない

目先しか見えていない・目先の利益に飛びつく、というのは、多くの人が「頭の悪い人の特徴」に挙げているものです。

目先を追って、すぐに利益を手にできるのはたしかに魅力的ですが、それでは、「もっと大事な、遠くにあるゴール」を目指すことはできません。頭の良い人は、今は我慢して、遠くのゴールへ向かってもくもくと先行投資の努力を続けています。

 

 

 

「問題解決」を第一に考えないで行動する

「他人を馬鹿にしたり非難する」「虚勢を張る」「自己満足を優先」「文句は言うが解決策は言わない」のような、問題解決につながらない行為は、頭の悪い人・中途半端に頭の良い人に共通して見られる特徴です。

「問題解決を第一に考える」ようにすれば、無駄な言動・他人を傷つけるだけで何も生み出せない行為を避けることができ、問題解決のための直接的行動を取れるようになって、「頭が良い」「できる人」だと周囲に評価されるようになります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました