スポンサーリンク

その人がニートになる、発達障害や能力の低さ等10種類の原因

 

その人がニートになってしまう主要な原因を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

ニートになる主な10種類の原因

 

「ニートになる原因の大半はコレ」という、主要な原因

1「精神力を含めた、能力全般が低いから」

  • 学力
  • 精神力(ストレス耐性や、継続する意思や、自律性など)
  • やる気(積極性のこと)
  • コミュニケーション能力
  • 社会常識を含む、知識量
    などがニートに不足している能力の代表例

生まれつき怠惰な性格でこれらの能力を伸ばしてこなかったり、遺伝的理由から生まれつき能力が低い場合では、その人は高確率でニートになると考えられます。

 

 

 

2「本人の性格に問題があり、社会に適応できないから」

  • 性格が、天性のなまけ者
  • 生まれつきのんびり屋で、ガツガツと他人と競争したくない
  • コツコツ積み上げる行為が嫌いな性格で、楽な方法で大儲けしたい
  • 他人に対して過度に臆病で、対人恐怖を抱えている
  • 極端に自己肯定感が低く、自信を喪失している状態
  • 常にへらへらしている感じで、物事に真剣になれない
  • 物欲がなさ過ぎて、最低限のお金や生活環境で満足してしまう
  • 繊細すぎて、社会に必ず存在するもろもろの理不尽や不条理に強い拒絶反応を示す
  • 理想主義や完璧主義におちいっている
  • 夢見がちな性格で、現実と向き合って妥協的判断を下すことができない
  • 自発性が極端に欠如していて、他人に細部まで指示して欲しかったり、他人に全部お膳立てして欲しい
  • プライドが高すぎるなど、我が強すぎるせいで、どこへ行っても他人といざこざを起こしてしまう
  • 享楽的すぎる性格で、娯楽を優先させすぎるせいで堅実な努力や労働ができない
    などが、ニート化の原因になる性格例

以上のような性格的特徴に加えて、




スポンサーリンク



生まれつきニートになりやすいと考えられる性格型が存在しています。

 

 

 

3「現実検討能力がいちじるしく低いから」

現実を検討し、現実と向き合う能力が非常に低い場合、

  • 「今の自分の能力に見合った、適切な仕事」を見定めること
  • 将来、自分が就く職業や何年もかけて目指す目標を設定すること
  • 仕事に就かないまま年齢を重ねていくと、将来的に何が起こるかを予測すること
  • 理想を追求しすぎてもしも失敗した結果、何が起こるかを予測すること
  • 上記の予測からわき上がって来る危機感を原因にして行動開始すること

などが不可能になります。

現実検討能力がいちじるしく低い場合、現実とまともに向き合うことができなくなり、




スポンサーリンク



妥協した選択ができなくなったり、現実逃避的な思考や行動におちいりやすくなります。

 

 

 

4「高校や大学の中退などが原因で、一般的な社会のレールから外れてしまったから」

  • 通っていた高校を中退する
  • 通っていた大学を中退する
  • 勤めていた会社を入社後すぐに辞めた
  • 新卒時での就職活動で、ろくに就活をしなかったり内定が無いまま学校を卒業してしまった
    などがニートになりやすい原因

社会の標準的なレールから外れ、その悪い状況から奮起できないでいると、その人は高確率でニートになってしまいます。




スポンサーリンク



就職活動での面接がかなり苦手だったり、経歴にブランクがある方は、そういう方のための専門の就職支援サービスを活用することを推奨します。

若者正社員チャレンジ事業」は、フリーター・ニート・既卒者の正社員就職を無料でサポートしてくれて、就職のために企業を紹介してもらえる、

正社員になりたい若者のための専門の就職支援サービスです。

 

 

 

5「企業側から信頼してもらえず、就職ができないから」

  • 学校を卒業してから、経歴上で何年間もの空白期間がある
  • 前の仕事を辞めてから、経歴上で半年~一年間以上の空白期間がある
  • 採用面接で、コミュニケーション能力の低さや社会常識の無さが露呈してしまっている
    などがニートが就職できない原因例

 

 

 

6「発達障害を抱えているから」

発達障害の種類採用面接仕事の出来人間関係
ADHD(注意欠陥・多動性障害)かなり不利な状況業務でケアレスミスが多発するかなり悪い
ASD(自閉症スペクトラム)コミュニケーション能力が
低すぎるせいで極めて不利
他人の言葉のニュアンスが
上手く理解できず、ミスが多発
最悪に近い

その人がニートになっている原因は、その人がADHDやASDなどの発達障害を抱えているから、

というパターンは相当に多いと考えられます。

発達障害のせいで企業の採用面接を突破できなかったり、突破できたとしても職場で問題を起こしすぎて辞職に追い込まれ、ニートになってしまった、という人は決して珍しくはありません。

 

 

 

7「精神疾患を抱えているから」

  • うつ病
  • パニック障害
  • 統合失調症
  • 適応障害
    などが代表例

学生時代から上記のような精神疾患を抱えていたり、企業就職をした後に激務やストレスのせいで精神疾患を発症すると、




スポンサーリンク



就労ができなくなってニートになりやすくなります。

 

 

 

 

「たまにこの原因でニートになる」という、マイナーな原因

8「両親の過保護・過干渉といった間違った教育のせい」

  • 自分自身で物事を判断し、決断すること
  • 自分で働いてお金を稼ぎ、そのお金で必要な物を買ったり独り暮らしをすること
  • 我慢したり妥協すること
  • 目の前の困難から逃げずに、立ち向かうこと
    といったことが、両親の間違った教育のせいでできなくなる

過保護・過干渉のせいで、子どもが何でも買い与えられていると、

社会で生き抜くためにとても重要な欲望がスポイルされる(台無しになる)、と各方面で言われています。

 

 

 

9「働くことについて、不適切な価値観を持っているから」

  • 自分が就く職業は、必ず「やりたいこと」でなければいけない
  • 仕事における「やりたいこと」は、芸能人や漫画家や歌手のようなスター性が備わっているものであることが条件
  • 「心身への負担が小さくて、楽」「社会への影響力が大きいので気分が良い」「高年収」「世間体が良い」「その仕事に、自分が強い興味を感じている」といった高望み
    などが、就労における不適切な価値観

社会人になってからの仕事の探し方は「自分がやりたいことではなく、自分にできることを仕事にする」というものが妥当で現実的です。

夢や、自分のやりたいことばかりを優先して仕事をえり好みしている人は、高確率でニートになります。

 

 

 

10「大学受験浪人や資格浪人を長期的に続けていたから」

  • 高校卒業後、目標の大学に合格するために何年間も浪人を続けていて、ずっと合格できずに気持ちがダレてしまった
  • 大学卒業後に、難関資格の資格試験に合格するためにずっと勉強を続けていた
  • 高校卒業後や大学卒業後に、公務員試験の勉強をずっと続けていた
    などが具体例

何年間も宅浪や試験勉強を続けていて、そのまま気持ちがダレてニートになってしまう人はかなり多いようです。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました