スポンサーリンク

侵略や恫喝を行うならず者国家がこの世に存在する4つの理由

 

この世に「ならず者国家」が存在し続けている理由を調査しました。

 

スポンサーリンク

この世にならず者国家が存在する、4つの理由

「ならず者国家」とは、
他国を恫喝(どうかつ)したり、他国に侵略戦争を仕掛けたり、条約に反する犯罪行為を行うことが多い危険な国家を指す用語です。

 

 

1「その国で『独裁体制』が完成していて、武力に頼った外交をしようとするから」

  • 「ある特定の政党あるいは大統領」「ある特定の血筋の一族」による独裁が、長年続いていて、その国の国民達には支配体制を変えることが困難な状況にある
    • この独裁政権・独裁者が、自国の『核兵器』『軍事力』を交渉のカードにして、他国から有利な交渉条件を引きだそうとすることが非常に多い
    • 独裁体制にある場合、外交で弱腰姿勢を見せると、政府内部の人間達によるクーデターや国民達の反政府運動で失脚する可能性が高くなるため、
      暴力的な外交姿勢がどんどんエスカレートしていく傾向にある

 

独裁体制が出来上がってしまっている場合、
・反体制デモをした国民達は問答無用で逮捕・拘束される
・国民間で選挙をしたとしても、結果が改ざんされて現政権がその地位を維持し続ける
ということが起こり、国民が独裁体制をくつがえすことが非常に困難になります。

 

 

 

 

2『元は共産主義圏の国』であり、国の行動基準が異質だから

  • 元は共産主義圏の国は、現政権や国民達の価値観が、資本主義国家のそれとは大きく異なっている場合がかなり多い
    • 政府側の人間達は、国民達の命・人権をとても安くあつかっている
    • 一般的な国民達は、全体主義(個人は全体を構成する部分であるとし、個人の一切の活動は、全体の成長・発展のために行われなければならないという思想または体制)に染まっていたり、不正選挙をなかば容認している傾向がある

 

元共産主義圏の国は、

「自身の勢力圏を拡大するために、他国を経済的に支配下に置こうとする」「以前に自国から分割されて独立された国家を、また元の状態に戻すために武力で併合しようとする」

といった、暴力的な手段に訴えやすい傾向があります。




スポンサーリンク





3「その国で、『宗教の影響力』が大きすぎるから」

  • たとえば「イスラム教」のような、多数の宗派が存在するタイプの宗教が国教になっている場合、異なる宗派同士が内戦を始めることが多くなる
    • 過激派のグループが国内外でテロ行為をすることが多くなり、他国にも被害が波及する

 

 

 

 

4「その国の『経済力』が低いせいで、お金を得るために悪事に手を染めやすいから」

  • 「国際法に違反した、天然資源や兵器などの横流し」などのような犯罪行為を、お金ほしさのためにしやすい傾向がある




スポンサーリンク




世界から「ならず者国家」が無くなる可能性は、非常に低い
・イスラム教のような非常にメジャーな宗教が世界から無くなる可能性は、低すぎるから
・共産主義的な体質を受け継いでいる国家は、現代の世界でも大きな存在感を示しているから
・「経済的に困窮していて、犯罪行為に手を出してしまう国家」は、いつの時代でも無くならないから

 

 

ただし、




スポンサーリンク



「独裁国家が、国民の反体制運動を経て、民主主義国家へ変わること」はよく起こっても、

「民主主義国家が、自発的に独裁国家へ変わること」はほとんど起こっていないため、

長い目で見れば世界から独裁国家が減ってゆき、ならず者国家の数は減っていくと考えられます。

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い




スポンサーリンク



 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました