スポンサーリンク

いじめっ子…家庭環境や性格に問題がある場合が多い加害者

 

クラスメイトをいじめる「いじめっ子」の特徴と、

いじめっ子がいじめを行う原因を解説します。

 

スポンサーリンク

ネット上の、「いじめっ子」についての有用意見

 

 

数人のグループのリーダー格としていじめをする子は、
平均以上の「コミュニケーション能力」「人心掌握能力」を備えていることは確かだけれど、
あくまでただそれだけ。
同世代の、有能で精神的に余裕があって倫理観も優れている子には遠くおよばない。

 

いじめっ子は、自身の家庭環境に何かしらの大きな問題がある場合がかなり多い。
・両親に愛されておらず、しかも夫婦は不仲で家庭内は冷え切っている
・親に溺愛されていて、子どもの精神状態もおかしくなっている

 

正攻法では自己肯定感を得られない能力レベルの子が、つい取ってしまう間違った選択肢がいじめ。
他人を見下したり屈服させることで、いびつな自己肯定感を得るのがいじめっ子の正体。
まともな子は、努力あるいは生まれ持った優れた才能で、学業やスポーツや交友で自己肯定感を定期的に得ている。




スポンサーリンク




・自身の意地悪な性格を制御できない
・サイコパス的気質であり、いじめている相手の苦痛を推し量れない
・馬鹿なので、いじめという加害行為が原因の「相手から報復されるリスク」「法的責任の重さ」が理解できていない
いじめっ子は、まっとうな市民側というよりも、暴行とか強盗みたいな犯罪で逮捕される『犯罪者』側に近い性質の存在だと思う。

 

いじめっ子のその後の人生は、すごく良い・とんでもなく悪いの両極端になりやすい。
ある程度の能力があったり金持ちで、取り巻き・手下がいたいじめっ子の場合:順風満帆なリア充人生で、子どもの頃にいじめをしていたことなどどこ吹く風
劣悪な家庭環境や性格のゆがみが原因でいじめっ子をしていた人の場合:病死・事故死・水商売に従事・逮捕歴アリなど、悲惨な末路をたどっていることが多い

 

いじめっ子の頭が良いか悪いかを問われれば、間違いなく悪い方に分類される。
ひたすら他者の「恨み」「憎しみ」「怒り」を無駄に買い続けて、そのことが今後どのような可能性を生じさせるかにまで想像がおよんでいないから。
やけになったいじめられっ子が、隠し持っていたナイフで顔や胸や首を刺してくるかも知れないのに。




スポンサーリンク




高校~大学の段階になると、いじめが急減する。
いじめが残る高校時代でも、低偏差値の底辺高校ではいじめが多くても、高偏差の進学校ではいじめはほとんどゼロの状況になる。
この現象から察するに、
いじめの原因は、子どもならではの「思慮・分別が不足していること」「あれこれのリスクや相手の痛みを想像するための知力が不足していること」が主要な原因では?

 

人生には、年代ごと・各フェーズごと・その人の性格型ごとに自然発生的な試練・関門が用意されていて、
小学生~高校生くらいまでの年代に用意されているやっかいな試練・関門の1つが「いじめっ子による攻撃」。
これを上手く攻略できるかできないかで、その人の人生の成否のルートが分岐する。
なので各員は、知識・知恵・精神力・他人の協力なんかを駆使して、この試練・関門を上手く切り抜けなければならない。

 




いじめっ子が、いじめを起こす主な原因

そのいじめっ子の性格に、何かしらの問題があるパターン

  • 過度に攻撃的な性格であり、他者をいじめて服従させることに喜びを感じる
  • 自己肯定感が低く、いじめによって自尊心を満たそうとする
  • 承認欲求が強すぎる性格であり、いじめを行うことで周囲に自分の存在の大きさを認めさせたい

 

 

 

 

「高いコミュニケーション能力」が悪い方向に働いてしまっているパターン

  • 高いコミュニケーション能力で集団のリーダー役をしている子どもが、「集団の結束を維持・強化するため」「みんなでストレスを解消するため」などの理由からいじめをしている
  • 「いじり」だと思って、無自覚にいじめに相当する行為をしてしまっている
    • 本項目は、上記のような行動パターンが多い




スポンサーリンク




抱え込んだストレスが原因であるパターン

  • いじめっ子の家庭環境が荒れている場合、本項目のパターンになりやすくなる
    • 親から暴力・虐待を受けている子どもは、自身の体験から「問題を解決するためには、暴力で相手をねじ伏せれば良い」と思い込みやすくなる

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました