スポンサーリンク

蝶(チョウ)…美しい羽と優雅な飛翔で伝承にされる人気昆虫

スポンサーリンク

 

美しい羽の模様と、ふわふわと宙を飛ぶ優雅な姿から、「虫はちょっと…」という人にも認められる人気種昆虫の「チョウ(蝶)」。

チョウの魅力と、チョウにまつわる伝承について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

チョウの魅力とは?という疑問へのネット上の見解

 

蝶は飛び方が優雅。
ふわふわと宙を舞うように飛ぶのが魅力的。

 

チョウは羽根の色がカラフルだったり、
配色がおしゃれな種類が多くて好き。

 

蝶は、綺麗なお花畑の上を
ひらひらと飛んでいる、平和でメルヘンチックなイメージが強い。
イメージが良い虫だから、好感を抱かれやすい。

 

ありふれたチョウのモンシロチョウでさえ可愛くて優雅。
「春の到来を告げる」という象徴的なイメージさえある。
チョウという昆虫にはすさまじいポテンシャルがある。

 

チョウは色合いの綺麗さといい、飛び方の魅力といい、
架空のファンタジー世界からやってきた存在みたいな感じ。
妖精みたいな、夢のある虫。

 

チョウは「花」や「花の蜜」とワンセットであるイメージが良いよね。
綺麗・健全・明るい、みたいなイメージがチョウにはある。

 

大自然が生み出した、天然の芸術作品。

 

ガは
茶色をベースにした暗褐色の種類が多くて、
触角も大きくて異様で、
動きが素早く、
人間の居住区へどんどん侵入し、
しかも巨体であるものが多い。
チョウに較べて、ガはビジュアルや生態が人間に嫌われやすい。

 

チョウとガには
生物学上の区別は無いらしい。
それなのに、チョウはみんなに愛でられて、ガは嫌悪と抹殺の対象。
ガは可哀想だよね。

 




日本で人気の高いチョウ

「オオムラサキ」

 

オオムラサキは日本の国蝶に指定されています。チョウの個体差が大きく、色がはっきりしていない個体も存在します。

 

 

 

「キアゲハ」




スポンサーリンク



 

日本以外にも、ユーラシア大陸・北米大陸に広く分布しています。

 

 

 

「ツマベニチョウ」

 

ツマベニチョウは「幸せを呼ぶチョウ」とも言われます。鹿児島県・沖縄県のあたりに分布しています。

 

 

 

「ミヤマシジミ」

 

小さなサイズのチョウですが、羽の上側がスミレ色で下側に美しい模様があります。




スポンサーリンク



 

 

 

「スジグロカバマダラ」

 

羽の模様が芸術的なチョウです。

 

 

 

「リュウキュウムラサキ」




スポンサーリンク



 

紫色に輝く部分は、見る角度によって色合いが変わります。

 

チョウと、人間の文化の関わり合い

 

人間との関わり方
  • 主に子どもが行う昆虫採集の重要ターゲットにされる
  • 羽の模様の美しさから、観賞用として捕獲や飼育されることも多い
  • 熱帯地方に棲息している美しいチョウを標本にしたり、チョウを用いた工芸品は、その土地の経済の一角を担う産業となっている
  • 画題にチョウが用いられたりと、芸術作品にテーマとして取り上げられることが多い
  • 畑の野菜を食害するチョウの幼虫は、害虫として駆除される

 

 

チョウは、その美しい模様と色の羽や、ふわふわとゆっくり空を飛ぶ様子から、無害で優雅な生き物というイメージが強く、他の昆虫の種類とは一線を画す人気が昔からあります。

 




チョウは神秘の対象と見なされて伝承が数多くある

 

オカルト分野でチョウが頻出する
  • キリスト教においてはチョウは復活の象徴とされる
  • ギリシャではチョウは魂・不死の象徴とされる
  • 中国では、長寿の象徴として「猫と蝶の絵」が好まれる
  • 人間が死後にチョウになるという伝承は世界各国に存在し、中国由来の「胡蝶の夢」(荘子が夢で蝶になって100年も花と遊んだということから、この世のはかなさを示す故事)という言葉も残されている
  • 占いの世界ではチョウは物事の予兆・変化のきざしとしてとらえられる

 

 

 

日本ではチョウを悪いものと見なすことが多い

 

日本におけるチョウの伝承
  • 日本においてはチョウを「死霊の化身」ととらえることが多く、不吉なものとみなす場合が多い
  • 民俗学では、チョウは死人の化身であり、死人がチョウの姿をとって帰ってきた、という解釈をする
  • 「春に最初に白いチョウを見ると、その年の内に家族が死ぬ」「チョウが仏壇や部屋に現れるのは死の前兆」という言い伝えがある
  • 秋田県山本郡では、「チョウの柄の服を好む者は短命だ」と言い伝えられている
  • チョウのあいまいな飛び方・はかない姿から、チョウは常世の国(死者の国)の虫であると言い伝えられている




スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました