スポンサーリンク

どうしてニートは働かないの?への働かない理由のネット意見

スポンサーリンク

 

ニート達が働かない理由について、ネット上の意見を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「ニートが働かない理由」の、ニート側からの意見集

 

とにかく、他人が怖いからだよ。

 

無職状態の時、
常人ならば「このままではいけない」「早く何とかしないと本当にやばい」
という考えと焦燥感が頭を支配し、ニートから脱出するために動き出す。
世の中にはまれに、上記のような考えがいっさい湧いてこない人間(=ニート)がいる。
穀潰し人間界の中での、生まれつきのスーパーエリートとでも表現すべき人間。

 

心が繊細すぎて、
他人の悪意や、社会・会社の不正や悪を強く拒絶してしまう。
そのせいで社会へ出て働く事ができない。

 

生まれつき理想主義者気質なので、
理想が高くて低レベルの仕事には就きたくない。

 

「やりたいこと・自分の夢を仕事にしろ」
と親や教師に繰り返し教えられてきたからだよ。
やりたいこと・夢でない仕事では、働きたくない。

 

働くための、
・履歴書の作成
・面接を受けること
・採用後のあれこれの書類手続き
主にこの3つがハードルが高すぎるせいで働けない。
これらを全てすっ飛ばして、
「君は今日からこの職場ね」
という風にしてくれれば働けるニートは多いと思う。




スポンサーリンク




「性格的に、仕事を続けていたら壊れてしまうから働けない」
というニートもかなり数が多い。
真面目で、クソ真面目で、力を抜くことを知らずに常に暴走して、休日も仕事が頭から離れず、
そんな状態が何ヶ月も続いて、あっという間にノイローゼになって壊れてしまう。
そういう、バランス能力が決定的に欠けていて働けない人間も相当数に上る。

 

いったんは社会に出たものの、
ブラック企業で心身を破壊されて、自宅での療養ニートになり、もう二度と社会へ出たくない。

 

ニートでもやれる仕事って、
離職率激高で常時人手不足状態の超ブラック職だったり、
3Kなので誰もやりたがらないので余りものの仕事のみ。
そんな仕事をやるなんて無理。色々な意味で耐えられない。

 

現代では競争社会が激化し続けていて、
ひと昔前なら当たり前に働けていた能力の者達が、今では企業側に門前払いされるようになっている。
そして、求められる要求水準は年々確実に上がっている。
そんな現代社会で、能力も働く意欲も激低なニート達は、どこにも求められていないんだよ。

 

働く事が怖いから働かない。
社会から何年も離れて、各能力が退化してしまっている自分が、
職場で大ミスをするんじゃないかとか、上司や同僚に罵倒されるんじゃないかとか、
そういうもろもろの不安が頭を支配していて、働けない。

 

ネット上のニート達が好んで使う言葉・概念が
「優しい世界」。
つまり、ニートの多くは脳内お花畑状態。
他人と熾烈な競争をしたり働くことで金をもぎ取って自分が生き抜く、という方面にそもそも意識がまったく向いていない。

 

普通の社会人達には理解しにくいだろうけれど、
欲望が小さすぎるせいで、何かを求めるための行動を起こしたり、ましてや嫌な思いをしてまでお金を稼ごうという気にならない。
布団の中でスマフォをいじりながらポテチを食べているだけで、
全ての欲望が満たされてもう他には何も求めない、というのがニートという人間達。

 

人生がずっと負け続きで、
自己肯定感がゼロ近くまで落ち込んでいる状態だから、
自分が社会で働いて成功しているイメージを持つことがどうしても無理。

 

思考停止状態にあって、
現状や将来のことについて何も考えないようにしているから、
働く事にも意識が向かない。

 

色々な原因で社会に適応できないことが、ニートが働かない原因の根本的理由。
・理想が高すぎる
・現実と向き合うことができない
・夢見がちな性格で脳内がいつもお花畑状態
・プライドが高すぎる
・能力が低すぎる
・やる気がなさ過ぎる
・自発性の極端な欠如
・何歳になってもずっとお客様気分
・対人恐怖を抱えている
・ストレス耐性が低すぎるなど、我慢という行為ができない
などの原因が代表例。

 




「ニートが働かない理由」の、ニートでない人達からの分析意見

 

誰かにお膳立てしてもらいたい、
って気持ち・感覚がニートは強すぎることが、ニートが働かない理由だと思う。
その証拠に、ネット上のニート達が「これなら働いてやっても良い」と提示する労働条件は、
「面接も人付き合いも無しで、週3日デスクに座って6時間くらい簡単な作業をするだけで、月収30万円程度もらえる仕事」
みたいなものばかり。

 

家が裕福で、子どもが欲しいものを何でも買い与えられていると、
「お金を稼ぐこと」への執着が消失してしまう。
その結果、
労働に伴うあれこれの苦痛>>>>>>>お金を稼ぎたいという気持ち
になってしまい、子どもが高確率でニートになってしまう。

 

空白期間が30歳前後まである人間は、
普通はどの企業も蛇蝎のように嫌って不採用にする。
そうなると、WebビジネスやYouTuberみたいな個人のスキルで稼ぐしかなくなるが、
こんなことができる才能を持っている人はごく一部しかいない。
無能さゆえにニートになったような人達には、なおさら特別な才能なんて望めない。
つまり、30歳前後まで空白期間を延ばしてしまったニートは、現実的にほぼ打つ手無しということ。

 

働けないニート達に共通している大きな部分が、
「我慢ができない」
という点。
そして、我慢するという能力は、親が子どもが小さいうちから意識的に訓練させなければ身につかないたぐいのもの。
現代の過度の甘やかし教育が、「我慢をすることを知らずにニート化する子ども」を量産する大きな原因なんじゃないの?




スポンサーリンク




親が子どもに施してきた教育で、
重大なものが欠落していたという可能性はかなり大きいと思う。
子どもを甘やかすことばかりを続けていて、
「世の中を生き抜くためのしたたかさや知恵」
を全く教えなかったら子がニートになってしまったパターンが多いはず。

 

家庭内にいるニートが迷惑だからどうにかしたい、
と家族が悩んでいるなら、
「今日にでもニートを勘当・絶縁して家から追い出し、以後は絶対に家に入れない」
という強攻策を実行すればすぐにでも解決する。
それなのに、甘やかし・親の優柔不断・世間体などの原因で強攻策が実行できない。
ニート問題は、親側にも無視できない割合の問題があるのが事実。

 

ニート「やるなら軍師。
アドバイザー的な仕事」
これって、ニートの色々などうしようもなさが集約されている至言だと思う。

 

「五体満足で精神も健康」というニートの大部分を占めるタイプが、
なぜ働けないのかの理由をとことん突き詰めていくと、
つまり「妥協ができないから」となる。
仮に妥協ができるのなら、バイトでも日雇い派遣でも始めてすぐにでもニートから脱出できるから。
妥協ができないことの原因をさらに突き詰めていくと、
「現実と向き合えないから」
になり、これがニートという状態になっている根源的原因であると理解できる。

 

ニートが働かない原因は、
1.健常者というカテゴリーの中で最底辺レベルの能力しかないので、とても社会でやっていけない(発達障害や精神疾患持ちもこれに含まれる)
2.ある程度裕福な家庭で甘やかされて育ってきたので物欲や自立心がゼロに近い
だいたいこの2パターンに分類できる。

 

進学や卒業や入学できた大学のグレードや就職活動みたいな各種の分岐点があって、
そのような人生の各分岐点を経て、企業側にとって魅力的な人材かそうでないかが選り分けられていくわけだけど、
ニートは各分岐点でことごとく失敗してしまったような人達。
企業側にとっては、各競争の結果で社会の敗者側に分類されたニートは、人材というよりも「廃材」として認識しているというのが正しい。
深刻な人手不足状態にあっても、廃材のニートは採用の選択肢のうちにも入らないから、
日本のニートや引きこもりを放置して、日本語も怪しい外国の移民を使おうって話に今現在なっているわけ。

 

「ニートは、働かないのではなく、働けない」
というのが真相。
性格や思考傾向や能力の問題から働く事が不可能で、ニート本人にもどうしようもない問題である、
というのが実際のところ。

 

5chを創ったひろゆきさんは、
「ニートや引きこもりは病気」
と言っていた。
「うつ病の人達を強制的に働かせることは、間違いだと誰もが思っている。
ニートや引きこもりはうつ病と同じように病気なんだから、
やるべきことは会社やハローワークに叩き込むことではなく、病院に通院させること」
とも言っていた。
実際、ニート自身が何をどう言いつくろおうと、
家の中でじっとしたまま何もしない廃人状態は、外側から見れば病人そのもの。
ニートや引きこもりは、まず病院へ連れて適切な治療を受けさせるべき。

 
既卒の正社員就職をサポートする、人気の専門サービス

DYM就職

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートのための正社員就職に特化している
◎就職率は96%と極めて高い
◎DYM就職を通すと書類選考無しで直接企業面接ができるので、大幅に楽なうえに採用されやすい
◎無料でサービスを利用できる
○DYM就職のエージェントがていねいに就職活動全般をサポートしてくれる

若者正社員チャレンジ

◎この就職サイトは既卒・第二新卒・フリーター・ニートのための正社員就職に特化している
◎実習期間中は最大10万円の支援金支給あり
◎プロの資格を持った担当がカウンセリング・セミナー・企業紹介・実習などにより就職支援をサポート
◎無料でサービスを利用できる
○企業内実習に参加する事で就労のミスマッチを防ぐ
○利用者達のうちの約90%が半年以内に企業就職できている





スポンサーリンク

コメント

  1. あいう より:

    在宅ワークをしてみるのはどうでしょうか?

    最近は、クラウドソーシングサイトというのがあって、在宅ワークの仕事を紹介しているようです。有名どころでは、クラウドワークス(ヤフーと提携している)やランサーズなどがあります。
    そういったサイトには、職歴を書かなくても良い仕事も結構ありました。

    ただ、クラウドソーシングサイトの仕事は、収入の低いものが多いようではあります。
    例えば、専門知識が不要で誰にでも始められる仕事として、webライターの仕事がありますが、特に初心者のころは一文字0.3円のような低単価なところでしか雇ってもらえず、大変なようではあります…。

    他には、デザインやデータ入力の仕事など、色々あるようです。
    検索してみると良いです。

タイトルとURLをコピーしました