スポンサーリンク

イスラエル…技術大国であり、各宗教上で極めて重要な国

 

科学技術の発達に大きく貢献し、ユダヤ教やイスラム教にとっての聖地・エルサレムが存在しているので常に国々の争いの中心になっている国家「イスラエル」の特徴について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

イスラエルという国の3つの特筆点

 

1「イスラエルは世界有数の技術大国」

  • 各種のノーベル賞を受賞している研究者達は、イスラエル人であることがかなり多い
  • 「イスラエル軍」「イスラエルの民間企業」「イスラエルの大学」の3つが連携して軍事兵器や軍用テクノロジーを開発しているため、
    かなり早いサイクルで開発が進んだり、新しい技術イノベーションが生まれやすくなる
  • ナスダック(ハイテク産業の企業を中心にした株式市場のこと)に上場しているイスラエルの企業数は、アメリカ・中国に次いで世界3番手
    などがイスラエルが知的分野で優れている根拠

 

 

 

2「驚異の軍事力の高さ」

  • 中東戦争やパレスチナ紛争などを通して、イスラエル軍は実戦経験を積み上げ続けている
  • イスラエル空軍の強さと、戦闘機パイロットの練度の高さには定評がある
  • イスラエルのバックには、世界最強の軍隊を保持するアメリカ合衆国がついている
  • イスラエル国民は18歳になると、男性は3年間・女性は2年間、兵役に就くことが義務づけられているので、国内からの軍人の供給が豊富
    などが、イスラエルの軍事力の高さの理由

 

 

 

3「美しい海に綺麗な街並みの、極めて優れたリゾート国」

イスラエルという国の西側は、その全てが美しい地中海に面しています。




スポンサーリンク



街には建物が整然と並んでいて綺麗な景観であり、各種の商業施設も充実しているため、イスラエルというリゾート地を求めて世界中から観光客が訪れています。

(ただし、国土に占める砂漠と乾燥地帯の割合も大きい国です)

また、後述しますが、

イスラエルという国は地理的に「ヨーロッパの国」「アジアの国」「北アフリカの国」と交流・交易をするために絶妙に好都合な位置にあり、

しかもユダヤ教・キリスト教・イスラム教それぞれにとっての聖地「エルサレム」が存在していて、




スポンサーリンク



いろいろな国や宗教徒にとって非常に魅力的な国です。

そのため、イスラエルの地域をめぐって、歴史上で数々の争いが繰り返されてきました。

 




ユダヤ人たちの手による、イスラエル建国の流れ

1948年にイスラエルが建国される以前の、ユダヤ人の状況

紀元前11世紀ごろには、現在のイスラエルがある場所には「イスラエル王国」があり、イスラエル王国はユダヤ人が治めていた。




スポンサーリンク



その後、イスラエル王国は、侵攻してきたローマ帝国に征服され、もともと住んでいたユダヤ人は祖国を出て行かざるを得なくなり、世界中へと散らばっていった。

世界各地へと拡散したユダヤ人達は、優れた知性とたゆまぬ勤勉さをもって、長い年月をかけて着々とばく大な金融資本を蓄え、各種の学術分野への影響力を強めていった。

 

 

 

イスラエル建国と、その後の中東戦争の流れ

  • 1948年に、ユダヤ人達にとっての悲願である「イスラエル」という国が建国される
    • ユダヤ人がイスラエルを建国できた背景には、
      第二次世界大戦中でのドイツでのユダヤ人迫害から逃れるために本国地へと続々とユダヤ人が移住してきていてユダヤ人の数が集まっていたことや、
      ユダヤ人が経済界と政治界への大きな影響力をもっていたのでアメリカを味方につけることができたことなどが挙げられる
  • 1948年から1949年にかけて、イスラエルと、ユダヤ人を追い出して国を取り戻そうとするアラブ諸国との間で「第一次中東戦争」が起こる(結果はイスラエルの圧勝)↓
  • 1956年に、エジプトがスエズ運河を国有化したことに反発して、イスラエル・イギリス・フランスと、エジプトの間で「第二次中東戦争」が起こる(結果はイスラエル軍がエジプトに圧勝)↓
  • 1967年6月5日から同月10日までにかけて、イスラエルと、中東諸国(ヨルダン、シリア、エジプトなど)の間で、
    ゴラン高原でのユダヤ人入植地の建設をめぐる問題によって「第三次中東戦争」が起こる。(結果はイスラエル軍が中東諸国に歴史的圧勝)
    この戦争の勝利で、イスラエルはユダヤ教にとっての聖地であるエルサレム旧市街を獲得する。
  • 1973年に、エジプトとシリアがイスラエルを急襲したことで「第四次中東戦争」が起こる。
    (緒戦はエジプト&シリアがかなり優勢だったが、途中から体勢を立て直したイスラエル軍とアメリカ軍の応援により、イスラエル側が勝利)↓
  • その後は現在に至るまでイスラエルと他国との大規模な戦争は起こっていないが、
    聖地であるエルサレムを奪還しようとする過激派組織によるイスラエルを標的にしたテロ行為や、イスラエルとの小規模な武力衝突はひんぱんに起こっている

 




イスラエルと、中東諸国との間でいさかいと衝突が絶えない理由

 

イスラエル側の事情

イスラエル地域はもともとイスラエル王国があった場所であり、しかも、ユダヤ教にとっての聖地であるエルサレムが存在し、

さらには過去に迫害されて世界中へと散らばったユダヤ人にとって祖国を取り戻すことは1000年以上かけた悲願であったため、

どうしてもイスラエルという国を守り通したい事情があります。

ユダヤ教の律法である旧約聖書の中で、大きな意味がある岩がある場所に神殿を建て、神殿の一部である「嘆きの壁」が現在もエルサレムに残されているので、
ユダヤ教徒にとってエルサレムは聖地とされています。

 

 

 

イスラエル周辺の中東諸国側の事情




スポンサーリンク



イスラエル周辺の中東諸国(イラク・シリア・エジプト・ヨルダン・サウジアラビアなど)の多くが信仰しているイスラム教の中で、

上記の旧約聖書の中で大きな意味がある岩は、イスラム教徒にとっても、イスラム教の開祖ムハンマドが天に上がる際に手をついた「岩のドーム」と名付けられており、非常に大きな意味があります。

そのため、イスラム教徒にとってもエルサレムは聖地であり、なんとしてでも自分たちの手元に置いておきたい場所です。

また、イスラエル地域を「パレスチナ」と呼び、そこにもともと住んでいたアラブ人達は、

1948年のイスラエル建国でパレスチナから強引に追い出された形になっていたので、そのことに心底憤慨している事情も加わっています。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました