スポンサーリンク

株価や、世間のブームのバブルが崩壊する前兆の特徴

 

株価の異常な高騰や世間でのブームのような、バブル現象が崩壊する前兆と、

バブル崩壊の前兆を知って崩壊から逃げるための方法を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

バブル崩壊の前兆

 

「株価のバブル」が崩壊する前兆

「その企業の株価」でのバブル崩壊の前兆

  • ゆるやかな株価の上昇ではなく、あまりにも急激なペースで株価が連日上昇し続けている
  • それまで堅調に株価が上昇し続けてきたのに、最近になって株価が横ばい状態になっている
  • その株式の「PER(Price Earnings Ratio、その企業の今の株価が割安か割高かを示す指数)」が18倍~20倍以上に達していて、明らかに株価が割高状態になっていると判明する
  • その企業の業績や、業績の伸びが大したことないのに、それに反して株価が異常に騰がっていて、投資家達による期待買いが先行しすぎている状況

 

 

 

「株式市場を取り巻く環境」でのバブル崩壊の前兆

  • 「国内や海外の大手銀行」が多大な不良債権を抱えていて、経営が焦げ付いているとニュースで報じられるようになる
    • 2008年9月、アメリカの大手銀行グループのリーマン・ブラザーズが経営破綻を起こしたことが、あの有名な株価大暴落「リーマン・ショック」の原因
  • アメリカの「ダウ平均株価」が何らかの理由で暴落する
    (そのことを受けて日本人投資家達の不安が高まり、直後に日本でも企業株価が暴落する)
  • 「米中貿易戦争」のような、大国同士の経済戦争が起きているせいで投資家達がリスク回避を優先し始める
  • 「政策金利」が引き上げられる
    (金利引き上げによって企業が銀行からお金を借りにくくなり、そのことで国内の景気が悪化するだろうと投資家達に判断されやすくなる)
  • たとえば「ITバブル(インターネット関連企業の異常な株価高騰のこと)」のような、特定の産業分野への投資家達の過度な期待が高まっている状況
    (その後、実は産業の成長性などが期待はずれだったと判明すると、一気にバブルが崩壊する)
  • 日経平均株価やダウ平均株価がこのところずっと高値圏にあり、投資家達の利益確定売りが相次ぐことで、小規模な反落が起こること
    (それが最初のきっかけで、一気に株価暴落へと進みやすい)

 

 

 

「株式トレードをしている人達の様子」でのバブル崩壊の前兆




スポンサーリンク



  • 連日株価が上昇しているニュースを見て、普段は株をまったくやらない素人達があわてて投資を始める
    (投資の世界で有名な「靴磨きの少年が、株が儲かるらしいと騒ぎ出した状況」と同じ)
  • バブル状態になっているその銘柄に対し、ネット上での投資家達の反応が総じて強気で楽観的すぎること

 

 

 

「特定の商品やサービスの人気バブル」が崩壊する前兆

  1. TV番組で、毎日のようにその商品やそのサービスが特集されるようになる
    (世間での人気が絶頂に達し、あとは人気が下がっていくだけ、という状況)
  2. その商品やそのサービスを販売している企業群が公表している売上高やサービス登録者数が、
    これまでの右肩上がり状態から「横ばい状態」へと変化する
  3. 「その商品やそのサービスを、変にアレンジしたイロモノ商品」が表に出始める
    (人気の勢いが失われつつあるため、商業戦略が迷走している証拠)
  4. 「現在人気の○○○の商品をあなたも取り扱ってみませんか?」のような、ビジネスオーナーに勧誘する商業サービスや有料セミナーや、
    それに類するネット上のHPやブログでのアフィリエイト記事がかなり増加している状況

 




バブル崩壊に巻き込まれることの危険

バブル崩壊に巻き込まれることの危険

  • 自身が投資している銘柄の株価が暴落してしまうので、色々な損失を被ることになる
    • 損切りして、原資金が大幅に目減りする
    • 信用取引によって株式を買っていた場合、追証金を証券会社から請求される場合が多々ある
    • 暴落した株価が元に戻るまで、1ヶ月・半年・1年以上のような長期にわたって株式の塩漬けをすることを余儀なくされる(自身の資金が長期的に塩漬け株に拘束されるので投資機会をずっと失い続けることになる)
    • 精神的に多大なダメージを受ける
      など
  • その商品やそのサービスの人気がバブル状態の時に、自身も便乗して商売を始めてしまうと、
    バブルが崩壊した時に、機材購入費の何百万円もの初期投資額を回収できないまま商売をたたむ大損パターンへ追い込まれやすい

 

 

 

バブル崩壊を上手く先読みできれば、大金を稼ぐ事ができる

  • バブル現象を前にして「これはただの一過性のバブルだ」と冷静に受け止めることができれば、
    「早めに買って、天井に達する前に早めに売り抜ける」ことを簡単に実現できる
  • バブルの天井付近で、特定の銘柄を空売り(株価が下がれば下がるほど自身が儲かる株の売買方法)することで、バブル崩壊で大金を稼ぐ事ができる
  • バブルの天井付近で、日経平均株価やTOPIXといった指数と連動するインバース型ETF(日経平均株価やTOPIXの値が下がるほど、購入したETFの株価が上昇する性質がある)を購入することで、
    バブル崩壊(日経平均株価やTOPIXの暴落)によって大金を稼ぐ事ができる

 

 

 

「特定の銘柄の暴落や日経平均株価の暴落の前兆」を知るための有力情報

「信用評価損益率」

信用評価損益率とは、株式取引で信用取引を行う人達が、どれくらい含み損を抱えているのかを示す指標のこと。

信用評価損益率は通常時では、-10%から-15%あたりのレンジ内におさまっている。




スポンサーリンク



  • 信用評価損益率が0%に近ければ近いほど、日経平均株価が天井に近くなっていて、近々暴落することを示唆している
    • つまり、信用評価損益率が0%に近づきつつある危険な状況では、暴落から逃げるために即刻株を売り抜けることが必要になる
  • 信用評価損益率が-15%に近ければ近いほど、日経平均株価が大底に近くなっていて、株式やETFの買い時になる

 

日本株の信用評価損益率の情報ページ

 

 

 

 

「騰落レシオ」

騰落レシオ(とうらくレシオ)とは、株式市場全体の過熱感を表す指標のこと。




スポンサーリンク



騰落レシオは100%という数値が標準状態とされる。

  • 騰落レシオが120%以上の状況は株式市場が過熱気味とされ、暴落が近いので危険
  • 騰落レシオが80%以下の状況は底値に近いとされ、株式やETFの買い時

 

日経平均株価の騰落レシオの情報ページ

 

 

 

 

「投資家主体別売買動向」

投資家主体別売買動向とは、国内の投資家や海外の投資家が日本株をどれくらい買い越し・売り越ししているかの具体的数値を表すデータのこと。

日本の株式市場では外国人投資家の売買の影響を大きく受けるという特徴があるため、

外国人投資家の日本株の売り越し額が、買い越し額を大きく上回っている場合は、日経平均株価の暴落の前兆なので、非常に危険。

 

日本株の投資家主体別売買動向の情報ページ




スポンサーリンク



 

 

 

 

「アメリカの30年国債の金利」

アメリカ国債の金利が高くなると、投資家達にとっては株式よりもアメリカ国債の方が魅力的に映るようになるため、

アメリカ国債が買われ、代わりに株式が売られて、ダウ平均株価や日経平均株価が暴落しやすいと言われている。

アメリカの30年国債の金利が、2.5%から3.0%近くになると、ダウ平均株価や日経平均株価が暴落しやすくなるため、非常に危険。

 

アメリカの30年国債の金利の情報ページ

 

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました