スポンサーリンク

みんなが女って怖いと思う瞬間と、男ってバカと思う瞬間

 

男性が「女って怖い」と思う瞬間と、女性が「男ってバカ」と思う瞬間の、それぞれについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「女って怖い…」と男性達が思う瞬間

 

友達であっても、
いっしょに居ない時はその友達の悪口を高確率で言うこと。

 

「嫉妬」
人生の大部分で、この感情に振り回されすぎて、
それによって犯罪に近い行為を行うことが多いこと。

 

男性の種類(社会的地位や年収やルックスなど)によって、
態度があからさまに違う。
男性の場合は、どんな女性相手でもだいたい同じ態度で接する。

 

嘘をつくことが上手すぎること。
たいていの男には、女の嘘は見破ることはできない。

 

・責任感
これが欠落している女性が多すぎること。
たとえば、
明らかにその女性に非がある事件が起きたとしても、
自分の過ちを厳粛に認めて、時間と手間をかけて損失の埋め合わせをしようとする、
という女性がほとんどいない。

 

同性の女達と、
「自分と相手と、どちらがより幸せか」
を執拗に競い合ったり、マウントを取り合うこと。




スポンサーリンク




美人かつ、気が弱かったり処世術が上手くない、という女性を、
他の女性達がいじめたり嫌がらせをすること。

 

ママ友同士の間で、
・旦那の職業の種類
・旦那の年収額
・持ち家か賃貸か
・子どもの成績や進学状況
これらによっていくつかの階級が出来ていること。
当然、下の階級のママ達は見下されている。

 

他人の不幸話が大好きだったり、
気に入らない同性をおとしいれるために、その女性が悪事をしていることをでっち上げて周囲に吹聴すること。

 

今の彼氏よりも顔や社会的地位や年収が好条件な男性と付き合える状況になると、
今の彼氏をあっさり振って好条件な男性へ乗り換える女性が少なくないこと。

 

企業内などにたまに存在する、女性ばかりで構成された「女社会」。
普通の性格・感性の女性はまず間違いなく排除される。
女社会で生き残れる女性は、
・異常に気が強い人
・高飛車でごう慢な人
・フェミニスト
・ヒステリー持ちであり、周囲を同時攻撃するのが得意な人
こういう、非常に濃い人達だけ。

 

合コンや、突然目の前にイケメンが現れた時のような状況で、
その場にいる自分以外の女性の印象が悪くなるような言葉・過去の出来事をどんどん言ったり、
場合によっては嘘をついてまで他の女性達の印象を悪くさせようとすること。

 

女子の群れから離れて一匹狼を気取る→他の女子達に攻撃されて死
孤立を恐れて女子同士でグループを形成→グループで内紛が頻発して精神的にひどく疲弊する
女性同士の人間関係が、基本的にこの2択であること。

 

・不満げ(お金が無いとか、美味しいものが食べたいとか、可愛い服やアクセサリーが買いたいなど)な態度でいることが多い
・そのような不満を抱えてはいるが、努力して自分の力で勝ち取るわけでもなく、他者に与えてもらう気満々
・上記の2つの項目が常態化している
こういう女性が、世の中でそれほど珍しくないこと。

 




「男ってバカだなあ」と、女性達が思う瞬間

 

女性による
・猫なで声
・ぶりっこ
・弱っているフリや参っているフリ
・(社交辞令としての)褒め言葉やおだてる言葉
これらの演技をまったく見抜けずに、すぐに惚れたり舞い上がること。

 

30代になっても、
ゲームやアニメのような子どもっぽい趣味にハマっている男性がかなり多い。




スポンサーリンク




無駄にプライドが高く、
素直に謝れば丸く収まるところで謝ろうとしないので、
余計に問題が大きくなる。

 

彼女とデートをしている最中ですらも、
すれ違った「綺麗な女性」「胸やお尻が大きな女性」をはっきりと見ていること。

 

・痴漢
・盗撮
それまでコツコツと積み上げてきた仕事のキャリア・実績があるにもかかわらず、
上記の犯罪によってそれを台無しにする。

 

初対面の女性相手に、
敬語・丁寧語ではなく、
偉そうにため口で話すことが多い。

 

女性の自撮り写真
(化粧しまくったり、スマートフォンアプリで画像を加工しまくり)
を真に受けて、恋をしてしまう。

 

・タバコ
・ギャンブル
これらが好きで辞められない人が非常に多いこと。

 

味覚が単純なこと。
・ハンバーグ
・カレー
・オムライス
・焼きそば
・肉団子
・からあげ
・ケチャップやマヨネーズによる大雑把な味付け
これだけで大満足してしまう。

 

バイクはどう考えても非常に危険なのに、
バイクに乗り続けたり、
乗り続けたあげくに交通事故で大怪我をしたり障害を負うこと。

 

・誇り
・心意気
・男の意地
・使命感
こういうあいまいなものに突き動かされて働き過ぎて、
精神が壊れたり過労死すること。

 

本や模型やフィギュアや食玩などを収集し、
しかもそれらを家の中にため込むこと。
どんどん生活スペースが圧迫されていくのに、
収集癖を直そうとしないこと。




スポンサーリンク




女性に対して
・自慢話(そんなに自慢できるほどでもない内容)
・武勇伝(非常にショボい内容)
これをくり返し語り聞かせること。

 

不潔な男性が多いこと。
・爪が伸びっぱなし
・口臭がひどい
・汗臭くて体臭をどうにかしようとしていない
・トイレで用を足した後の手洗いが不十分

 

ただの乗り物である車に、異様な情熱を注ぐこと。
大金をかけてカスタムしまくったり、
300万円以上の価格の高級車を買おうとする。

 

・TV番組
・スマートフォン(閲覧しているサイトやソシャゲ)
・パソコン(動画やネトゲ)
これらに夢中で、家庭内での家事や育児を放棄していること。

 

性欲の奴隷であること。

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました