スポンサーリンク

現代でPCを私用で使っている人達はPCで何をやっているのか?

 

スマートフォンを使えばネット関連のたいていのことはできるようになった現代で、あえてPCを使い続けている人達は、PCで何をやっているのか?

現代のPCユーザー達がPCを使ってやっている事について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

絵を描いたり、写真・画像の加工用

 

PCで絵や写真を作っている人達の意見

  • ペンタブレットを使って絵を描くときは、目視用に大型ディスプレイが無いと細部の描き込みがやってられない
  • そもそもPhotoshopはPC上でしか動作しないし、作業中にかなりメモリを食うソフトだから
  • 画像のサイズ指定とかフィルタリング操作みたいな細かい注文はPC上で動作する専用ソフトでないとできない場合が多いし、ちまちました作業がずっと続くから大画面でないととても無理
  • 写真ファイルの編集と管理は数十枚から100枚以上の写真を同時に見比べたりファイルのリネームをするのが常だから、ファイルを一覧するために大画面のディスプレイがどうしても必要になる

 

 

本項目と類似しているPCを使う理由が「動画のエンコード」です。

素材動画のサイズ圧縮やファイル形式の変換のようなエンコード作業はとくにマシンパワーが要求されるので、ノートPC、できれば処理性能が高いデスクトップPCがどうしても必要になります。

 




動画などの鑑賞

 

PCで動画などの鑑賞をしている人達の意見

  • PCのディスプレイが大画面なので動画の迫力が増す
  • 動画再生ソフトのシークが快適にできるので、色々なシーンへ飛ぶことができ、気持ちよく鑑賞できる
  • スマフォで動画サイトを見ていたらデータの受信量が多すぎるせいですぐに速度制限に引っかかるので、PCの光回線で見るほかない

 




スポンサーリンク



 

レンタルDVD・Blu-ray、YouTubeのような動画サイトなどで動画を見たい場合、PCでの大画面の方が映像の迫力が出て、しかも操作性もスマートフォンのそれよりも良くなります。

 

投資のトレード時に活用

 

PCでトレードをしている人達の意見

  • 色々な株価・指数・ニュースサイトを見比べなきゃならないから、そのためには大型ディスプレイとPCならではの処理スピードが必須
  • 専業トレーダーや、それに近い立場の人は、ディスプレイを2個3個と設置して一度に目視できる情報量を数倍に増やしている
  • たいていの場合でトレードは一分一秒を争うから、ネット証券での目的の取引画面まで素早く移動するにはPCがどうしても必要

 

 

TV番組や雑誌で取材されている敏腕トレーダー達は、そのほとんどがPC(しかもマルチディスプレイ)で株式取引やFXトレードをしています。

 

事務作業用に活用

 

PCで事務作業をしている人達の意見

  • 「Officeを使って延々と文章を打ち込み続ける」という場面ならPCしか選択肢が無い
  • 会社員なのに、スマートフォンの小さな画面上でWord・Excel・PowerPointでちまちま文字を打っているって、何かの冗談としか思えない
  • スマートフォンでも文書作成はできないことはないけれど、デスクトップPCに較べるといちいち動作がもっさりしてるので、さくさく作業したい場合はPC一択

 

 

大学の講義で提出するレポートや、会社の業務用に作成する文書は、大量の文字を素早く打ち続けるという行為が不可欠です。

なので、マウスやキーボードといった物理的な入力用デバイスがあり、マシンの処理能力が高く、ディスプレイが大きくてたくさんの情報を視認できるPCが文書作成に適しています。

 

ネットゲーム用

 

PCでネットゲームをしている人達の意見

  • スマフォでやるソシャゲはただのポチポチゲーであり、本格ネトゲの足下にもおよばない
  • MMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)をやろうと思ったら、PC用ネトゲしか選択肢が無い
  • 大画面&美麗なグラフィックというタイプのオンラインゲームはPC用のものしか用意されていない
  • スマフォでも3DCGキャラが動くソシャゲはできるけれど、スマフォの処理能力の低さがネックになってハデなことはできない。PC用ネトゲはPCにある程度以上のマシンスペックがあることを前提に作られているからゲームで情報量が多くて楽しい。

 

ネット上のサイトやブログの閲覧用

 

PCでサイトやブログの閲覧をしている人達の意見

  • スマートフォンよりも、ノートPC・デスクトップPCの方が圧倒的に動作がさくさくしている
  • スマフォでサイト・ブログを見ると、スマフォ用に表示が変わるので、必要なリンクの場所が遠ざかってしまう。PCでサイト・ブログを見るとそれが起こらないのでサイト内でスムーズに移動できる。
  • スマフォの小さい画面よりも、PCの大型ディスプレイの方が一度に視認できる情報量が圧倒的に多い

 

 

サイトやブログの閲覧といった日常的な行為一つとってみても、一度に得られる情報量やブラウザの動作の軽快さは、スマートフォンとPCでは雲泥の差があります。

 




その他、スマートフォンではなくPCを使って作業することの例

 

その他の例

  • プログラミング
  • CAD(機械・建築・服飾デザインなどをPC上で設計する支援ツールのこと)
  • 音楽CDからPCへデータを取り込む
  • Webサイトの開発
  • 作曲ソフトを使った音の編集作業
  • スマートフォン内のデータをPCのハードディスク上へバックアップする


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました