スポンサーリンク

状況の危険度別・深刻度別に分類した、7つのニート化の理由

「ニートになっている理由」を、状況の危険度別・深刻度別にそれぞれ分類しました。

 

スポンサーリンク

危険度・深刻度『小』の、3タイプのニート

1「一時的にニート状態にあるだけ」というタイプ

  • 仕事を辞めた後、短期間のリフレッシュ時間をとっている最中であり、しばらくしたら再就職するつもり
    • 上記のような、「一時的にニート状態にあるだけで、企業就職の意思はある」というのが本項目のタイプ

 

 

 

 

2「能力・働く意思はあるが、自分の適性が判らない」というタイプ

  • 自分の適性が判らず、そのせいで、合わない仕事が続かなかったりニートとして過ごしているというタイプ
    • 適性を判明させればその分野で活躍できるため、脱ニートは比較的容易
    • ニートは「理想が高すぎる」「職をえり好みしすぎる」という特徴がある場合が多いが、『自分の適性を判明させて、その適性を合った仕事ならば活躍できることを理解すること』が実現できれば、この短所を克服して社会復帰しやすい




スポンサーリンク




3「実家が太いおかげで、ニートをしていてもどうにかなる」というタイプ

  • 両親が資産家
  • 両親が高給取りであり、家が富裕層の部類
    • レアケースではあるが、
      上記のリストのように実家が太い(育った家庭が裕福であり、有形無形の強力な援助を受けることができる)場合、本人がニート状態であっても将来の不安は小さくて済む




フリナビ」は、フリーター・ニート・既卒者の正社員就職を無料でサポートしてくれて、就職のために企業を紹介してもらえる、

正社員になりたい若者のための専門の就職支援サービスです。

\利用料無料/
既卒者専用就職サイト・フリナビ公式サイト




危険度・深刻度『大』の、4タイプのニート

1「極度のなまけ者」というタイプ

  • 「なまけることが大好きであり、なおかつ、働くことが大嫌い」という性格をしているのが本項目のタイプ
    • この性格型のせいでニートになっており、
      性格的に労働にいちじるしく不向きであるため、社会復帰が非常に困難

 

 

 

 

2「本人の能力・性格において、社会性がいちじるしく欠如している」というタイプ

  • 我が強すぎる性格であるせいで、協調性が低すぎる
  • コミュニケーション能力が低すぎて、そのせいでいつも集団内で孤立してしまう
  • 対人恐怖症を抱えている
  • 組織(学校や企業など)の規則に従うことが、かなり苦手
  • 規則正しい生活(特に、毎日定時に出社すること)が、かなり苦手
    • 上記のリストのような特徴を複数かねそなえているせいで、社会に適応できずにニートで居続けてしまう




スポンサーリンク




3「能力全般が低く、そのせいで社会で通用しない」というタイプ

  • 「学力」「精神力」「体力」など、能力全般が低い
    • 学生時代に「勉強もスポーツもまるでダメであり、クラスの中で底辺に位置していた人物」が本項目の典型例であり、能力が低すぎるせいで企業に採用されない

 

 

 

 

4「努力して社会復帰したのに、現実に打ちのめされてニートに逆戻り」というタイプ

  • 学校卒業後にニートになって、
    その後に奮起して企業就職したものの、会社勤め生活に耐えられずに辞めてまたニートになってしまった、というタイプ

    • 本項目のタイプは、自身の限界点をまざまざと見せつけられたうえで心を折られているため、労働についてのトラウマを抱いており、各タイプのニートの中で立ち直ることが最も困難な部類

 

本ブログ推奨の、既卒者専用の就職エージェント

フリナビ

・就職活動のプロアドバイザーが、ニート・フリーター・既卒者の正社員就職をサポート
・紹介される企業は、厳選されたホワイト企業のみ
・応募書類ができていなくても、すぐに面談をしてくれることが好評
・フリナビの利用料は無料

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました