スポンサーリンク

「オタクではない、一般人」の主な特徴と、オタクとの違い

 

「オタクではない、一般人」の主な特徴と、

オタクとの各種の違いを解説します。

 

スポンサーリンク

「オタクではない、一般人」の主な特徴

 

 

時間・お金・エネルギーの主な使い道は、他者とのコミュニケーション用

『他者とのコミュニケーション』に、多くの時間・お金・エネルギーを割く
  • 衣服の購入
  • 身だしなみ(髪型を整えることや服装のコーディネート)
  • ファッションアイテム(おしゃれなくつ・カバンなど)の購入
    • 上記のリストのような物事に多くの時間・お金・エネルギーを割き、
      見た目を整えたうえで他者とのコミュニケーション(いっしょに遊んだり、異性との恋愛)に力を注ぐ
    • 「オタクが漫画やアニメなどに情熱を傾けるのと同じように、一般人は対人コミュニケーションに情熱を傾けている」と考えると、一般人を理解しやすい

 

 

一般人の趣味・娯楽も、他者とのコミュニケーションがからむタイプのものが多い
  • LINEやSNSで、友達とのメッセージのやりとり
  • 娯楽施設(映画館やカラオケ店やボーリング店など)で、友達といっしょに遊ぶ
  • 飲食店で、友達や恋人と食事を楽しむ




スポンサーリンク




「一般人の趣味」は、オタクのそれとは違い、世間に迎合したものが多い

  • 「買い物」「飲食店や食品販売店を利用した、グルメ」「恋人とのデート」「園芸などの、個人でする趣味」など、非オタク的な趣味全般
  • テレビ番組の鑑賞(その時々で評判が良い番組に飛びつきやすい)
    • ここから派生して、『芸能界の今の事情』に強い興味がある場合が多い
  • 現在流行している、YouTuberの配信動画の鑑賞
  • ネットのサブスクリプションサービスを利用した、動画(ドラマや映画など)の鑑賞

 

 

漫画やアニメやゲームもたしなむが、世間の流行を追っているだけという場合が多い
  • 「世間で話題になっている、深夜アニメ作品」を視聴したり、原作の漫画や小説を購入することも珍しくない
    • ただし、上記の行為の動機は「世間や身の回りで話題になっているから」というものが主であり、オタクのように能動的に作品を観ようとしているのとは違う

 

オタクが、オタク趣味に相当に入れ込んでいることに対して、
一般人の場合は、
・暇つぶし用
・世間での流行を追うことで、友達との会話に付いていくため
・心の癒やしとするため(心のケア目的であり、趣味にそれほど大きな熱意があるわけではない)
という傾向があります。

 

 

 

 

性格・考え方が、無難なものである場合が非常に多い

  • 「世間一般でスタンダードとされている、常識」を大事にしている
  • 「周りの他者達との協調・融和」を重視しており、『個人のとがった考え方』は忌避すべきものであるととらえている
    • 上記のリストのような事情から、一般人の性格・考え方は無個性的・没個性的なものであることが多い




スポンサーリンク




「非オタクの一般人」と「オタク」の主な違い

非オタクの一般人オタク
重要視しているもの恋愛を含む、人付き合い全般オタク趣味
コミュニケーション能力高い傾向があるかなり低い傾向がある
趣味の範囲広く浅く狭く深く
社会性の度合い高く、そのおかげで社会に馴染みやすい低い

 

本ブログ推奨の、書籍や漫画の読み放題サービス

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)

200万冊以上のビジネス書・実用書・漫画・小説が読み放題になる
・30日間の無料体験登録ができて、いつでもキャンセルOK
・月額980円という定額で大量の書籍・漫画・雑誌が読み放題になるのでコスパが非常に高い

 

 



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました