スポンサーリンク

精神安定と集中力をもたらすセロトニンの効果と、分泌方法

 

精神を安定させ、集中力をもたらす、極めて重要な神経伝達物質「セロトニン」の効果や、セロトニンの脳内分泌を促進させる方法を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

神経伝達物質・セロトニンがもたらす、主要な3つの効果

 

1.精神を安定させて、良好な状態に保つ

セロトニンが適切に分泌されていると、前向きでポジティブな気分になり、精神が良好な状態に保たれるようになります。

「落ち着き」「穏やかな気持ち」「満足感」などを感じることができるようになります。

さらに、過度に落ち込んだり、イライラしてキレる、ということも起こりにくくなります。




スポンサーリンク



 

 

 

2.脳を最適な覚醒状態にする

セロトニンの作用により、頭が冴えて目がはっきり覚めた状態が保たれ、集中力も高まります。

 

 

 

3.自律神経のバランス調整をしてくれる

起床して活動している際には、自律神経のうちの「交感神経」が活動し、身体を活発な状態にします。

夜から就寝中にかけては、自律神経のうちの「副交感神経」が活動し、身体を休息状態にします。




スポンサーリンク



セロトニンはこの自律神経の切り替えをスムーズにする働きがあり、

そのおかげで昼間は活動的で夜は身体を休めるという適正状態になるため、健康になります。

 

 

参考:「セロトニン」とは何なのか

 

セロトニンは、脳内で作られ、脳内に分泌される神経伝達物質の一種。




スポンサーリンク



各種臓器が分泌するホルモンと、神経伝達物質は、混同されがちだが別物。

セロトニンは、脳幹にあるセロトニン神経から分泌されている。

セロトニンは「メラトニン」というホルモンの合成材料となり、メラトニンは快眠をもたらす重要なホルモンとして知られている。

セロトニンの別名は「5‐ヒドロキシ‐トリプタミン」。

 




セロトニンの分泌を促進させる方法

 

  1. セロトニンの合成材料である「トリプトファン」を積極的に摂取する
    必須アミノ酸であるトリプトファンは以下のような食品に豊富に含まれる。
    「バナナ」「豆製品(納豆・大豆・豆腐など)」「卵」「乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)」「アーモンド」「ひまわりの種」
  2. セロトニンの合成材料である「ビタミンB6」を積極的に摂取する
    ビタミンB6は以下のような食品に豊富に含まれる。
    「魚類(かつお・まぐろ・さけ・いわし)」「肉類(牛肉・豚肉・鶏肉など)」
  3. 太陽光を20分~30分浴びる
    起床後すぐに太陽光を浴びることを強く推奨。
    太陽光を浴びることで眼球の網膜に入った刺激が脳へと伝わり、そのことがセロトニン合成のトリガーになる。
  4. 「リズム運動」を行う
    リズム運動とは「ウォーキング」「スクワット」「自転車でのサイクリング」などの一定のリズムで同じ動作を繰り返す運動のこと

 

 

トリプトファンはサプリメントで効率的に補うことも可能です。

 

ビタミンB6はサプリメントで効率的に補うことも可能です。

ビタミンB6は調理における加熱で失効してしまうので、サプリメントで補う方が簡単で確実です。




スポンサーリンク



 

セロトニンが欠乏してしまうと何が起きるか

 

セロトニンが欠乏することで起こること

  1. イライラしやすくなったり、キレやすくなったり、不安に陥りやすくなったり、憂うつな気分に陥りやすくなったりと、精神的にいちじるしく不安定になる
  2. 「うつ病」「パニック障害」といった精神疾患を発症しやすくなる
  3. 自律神経の、交感神経と副交感神経の活動の交代が上手くいかないようになり、「自律神経失調症」を発症して心身に幾多の不具合が起こる
  4. 夜に寝付きがかなり悪くなる(眠気を引き起こす「メラトニン」が、セロトニンが不足していることで上手く合成できていないため)
  5. 過食に陥ったり、陥ったり、摂食障害を引き起こしやすくなる
  6. 頭がぼんやりしている感じが常にする
  7. 集中力が低下する

 




セロトニンと密接な関係にある神経伝達物質やホルモン

 

「ドーパミン」

  • ドーパミンは重要な神経伝達物質の一種
  • 物事に取り組む意欲や、成功したときの達成感や、どきどきわくわく感をもたらす
  • ドーパミンの分泌が過剰状態になると、アルコール依存症や買い物依存症などを引き起こす
  • ドーパミンは、後述する「ノルアドレナリン」の合成材料になる

 

セロトニンは、ドーパミンの過剰分泌を抑制し、その人間が過度に興奮状態にならないように働きかけます。

 

 

 

「ノルアドレナリン」

  • ノルアドレナリンは神経伝達物質であると同時に、副腎髄質から分泌されるホルモンの1つでもある
  • ノルアドレナリンが分泌されると、心拍数と血圧が上がり、身体が活動的な状態へ変わる
  • ノルアドレナリンが分泌されると、「積極性」「不安」「緊張」などの心理状態へ変わり、心身が闘争状態へ変化する
  • ノルアドレナリンが過剰に分泌されると、他者への態度が攻撃的なものになったり、ヒステリー状態やパニック状態を引き起こしやすくなる

 

セロトニンは、ノルアドレナリンの過剰分泌を抑制し、その人間が過度に興奮状態にならないように働きかけます。

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました