スポンサーリンク

女性の夢の医者との玉の輿結婚は女性が高レベルでないと難しい

 

高年収&高ステータスの「医者」を例にして、女性の玉の輿結婚はかなり難しいということを解説します。

 

スポンサーリンク

医者の年収とステータスの解説

医者の年収は夢の1000万オーバー!

 

「勤務医」の平均年収

  • 平均年収は1098万円
  • 医師の平均時給:4991円/時間
  • 平均賞与額:80.2万円

総務省統計局の「平成27年賃金構造基本統計調査」より

 

 

「開業医」の平均年収

  • 平均年収は、約2500万円
  • 最も年収額が高い開業医の種類は「眼科」で、平均年収は3274万円

平成21年実施「医療経済実態調査」より

 

 

 

医者のステータス(社会的地位)も非常に高いレベル!

 

医師は、社会的地位・社会的信用の高い職業であり、そのことが女性の人気を集めている大きな理由です。

 

  • 同性の友達から「すごい!」「うらやましい!」と賞賛の嵐
  • 「医師の妻」という肩書きで、行く先々で一目置かれるようになる
  • 地域の有力者とのつながりを持てる可能性が高い
  • セレブ用のパーティー・コミュニティーに参加できる

 




とある医者からの辛辣な言葉…「医者との玉の輿は至難」

結論
医師と結婚するには、
ある程度の美貌・仕事・趣味・家柄などの良条件を満たし、
どこかで医師と運良く仲良くなり、
しかも医師をトリコにする何かしらの魅力をもっていないとならない

 




スポンサーリンク



 

・話し手の医師は勤務医(33歳、内科医)
・勤務医の本業と医師用のバイトで年収は1500万円程度
・実家の親は開業医師
・現在、婚約中

勤務医がネットで明かす「医師と結婚することの難しさ」の話を以下に要約します。

 

 

 

そのほかに、上記のとある医者から語られた様々な忠告

 

Q:どういう女性が医師と結婚できるの?

A:すごい強運の持ち主で、しかもお金に執着しない女性。

 

 

Q:医師と玉の輿を狙う女はどう思う?

A:医師との玉の輿を狙う女性は多い。
玉の輿狙いの女性ではない人と出会う方が難しいくらい。

 

 

Q:婚活パーティに参加して偶然運命の出会いがあるかも?

A:婚活パーティーで、年収1000万円以上の男性と結婚できる可能性はほぼゼロ。
そういうパーティーに集まってくる女性は「金目当て」だと、高年収男性は冷静に見抜いている。
パーティーで知り合った女性と「ちょっと遊べたらいいかな」程度にしか見ていない。
間違いなく、「医師限定」「公務員限定」「年収○○○万円以上限定」といった種類の婚活パーティーの男性は、参加者の女性と結婚しようとしない。

 




スポンサーリンク



 

Q:医師から見て「婚活」ってどうなの?

A:「婚活」という行為をしている時点で、医師との結婚の圏外へ飛ばされる、と思って良い。
医師は常に、女性を「金目当てか、そうでないか」を見ていて、隠していても必ずばれる。

モテる医師ほど、女性の本性をかぎ分ける嗅覚が鋭く、
モテない医師ほど、女性への警戒心が強い。
モテる医師・モテない医師のどちらもガードが堅い。

 

 

Q:美人かどうかは重要?

A:医師や弁護士のような高年収男性は、「グラビアアイドル」「キャンギャル(キャンペーンガールの事。広告・宣伝のためにイベントに出演する女性)」と知り合う方法はたくさんある。
なので、自称・美人程度では、高年収男性からすれば普通にしか見えない。
色香でたぶらかされた、と世間に思われたくないので、ギャルっぽい容姿・胸の大きすぎる女性は、結婚相手としては遠慮する。

 

 

Q:女性側の職業と、家柄は関係してくる?

A:女性の職業が「看護師」の場合、多くの場合で医師の両親が反対する。
事務職や、派遣社員では話にならない。その職を誰でも知っているくらいでないとマイナス評価になる。
結婚後は、「妻が結婚前にどんな仕事をしていたか」が重要視されるので、それなりに良い仕事をしていないといけない。
大企業入社・国家資格を取得していること(国家資格を持っているという事実が重要)などがおすすめ。

 




スポンサーリンク



 

Q:女性側に、どういう趣味があると良い?

A:結婚後、妻として周りに紹介する時に恥ずかしくないように
ピアノ・バイオリン、華道・茶道、日本舞踊ができると有利(他人に教えられる位に習熟していることが必要)。
遊びの趣味は、男性といっしょに楽しめる「スキー」「スノーボード」「ボディボード」などがおすすめ。
料理・家事全般は出来て当たり前。
「敬語」が使えないのは論外なので、しっかりとした敬語の勉強が必要。

 

 

Q:女性側は、どういう服装だと好印象?

A:ラフではない、品のある服装だと好印象。
流行モノ・ブランドモノは「馬鹿っぽい」と映るのでダメ。

ヴィトンのバック等を身につけていたら、もう救えない。

 

 

Q:その他、女性側に必要なことは?

A:性格は良くて当たり前。
医師側の年齢とは関係なく、女性側は22歳から26歳位までが適齢で有利であり、30歳以上は医師との結婚はまず無理。

 

 

Q:お見合いで結婚できる可能性は?

A:お見合いとなると、相手女性の「家柄」が厳しく審査される。
女性側の両親の職業・出身地・持ち家の大きさなど。

家柄が普通の一般人女性だと、医師からすると「ただの一般女性」としか評価されないので苦しくなる。
仮に家柄が良い女性ならば、それを武器にして医師と付き合うのが、最も結婚できる可能性が高い。

 

 

Q:医師と患者の関係から、結婚へ発展する可能性はある?

A:ほぼ皆無。色仕掛けや、情に訴えかけても無駄。
これに期待するのは止めた方が良い。

 

 

Q:医師側の両親を説得するには?

A:親も医師となると、説得はかなり難しい。
医師男性と地位が釣り合わない「玉の輿結婚」となると、医師の両親は難色を示す。

医師と付き合うところまではいけても、両親の反対で結婚に至らないというケースは非常に多い。
このことを利用し、「親が許してくれないんだ」と言って別れ話へ持って行くのも、医師の常套手段になっている。

 

ネット上の住民が考案する「お金持ちと結婚する方法」

 

  • 勉強して良い大学へ入って、大学在籍中に、将来有望そうな男性を見つけて付き合って、
    そのまま卒業後すぐに結婚するのが一番簡単かつ確実
  • 年収・社会的地位が優れる男性ほど、相手女性に知性・教養・品性を求める。このあたりを磨く必要がある。
  • 整形手術を受けて、美人になる
  • 自分が金持ちになるとか、何かしらの手段で社会的地位を高めないと、高年収男性とは結婚できない

 




医者と結婚する最良の方法は自分がその階級まで昇ること

 




スポンサーリンク



医者になるまでには膨大な努力量と知的素養に恵まれること、さらには医者になった後も膨大な勉強量と仕事量に耐えていかなければなりません。

一般に、努力の人というものは他人を見る目が厳しく、「私、お金も知恵も学歴も何にも無いけど高収入・高ステータスの医者と結婚したーい!」という女性には嫌悪感すら催すでしょう。

また、医者の周りは、同じような社会階級の女医・モデル・資産家ばかりになり、知力・財力・人間的魅力・ルックスも一般人とは段違いになってくるので、それらの人と関わる医者の目も肥えてしまい、ますます一般女性には勝ち目が無くなってしまいます。

医者やお金持ちと結婚したかったら、高学歴になったり女子アナウンサーやモデルになったりして、まずは医者と同じか医者と近い階級にすべりこむこと!そうしないと、結婚相手の選択肢にすらなり得ません。

厳しい現実ですが、100円で1億円の商品を買えるような、魔法のような方法はやはりあり得ないのです。

自身が希望する結婚相手のプロフィールの特徴をはっきりさせると、婚活で非常に有利に動けるようになります。

結婚力診断サイト「オーネット」は、希望する結婚相手の条件を入力すると、あなたに合った相手が自動で表示される、2分で完了するほど簡単な無料の診断サイトです。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました