スポンサーリンク

仕事を辞めたい時にありがちな事と仕事を辞めるべき場合の解説

 

仕事を辞めたいときにありがちな現象と、辞めるべき種類の仕事について調査したので、分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

仕事を辞めたい時にありがちな事

 

朝、家から出る前にトイレでおう吐。
身体が出社を拒絶している。

 

「自分、社会人に向いていない…」
という思考が、繰り返し頭を支配する日々。

 

公務員になりたい、
という願望が日々強くなっていく。

 

楽しそうにしている学生の集団は、もはや目の毒。

 

株とかFXみたいな投資行為で生計を立てたい。そして会社を辞めたい。
こんな荒唐無稽な事を本気で考え出すようになる。

 

また会社での一週間が始まる寸前の「日曜日の夜」は
不安・焦燥・嫌悪感で、頭がどうにかなりそうになる。

 

辞めたい辞めたいとは常々思っているけれど、
問題は次の仕事が決まらないということ。

 

会社で働き続けるうちに、
会社の悪い側面・犯罪的な行為を知り、会社についていけなくなる。

 

上司に人格否定され続けて、
プライドがズタズタにされる。
自分という人間に自信・誇りを持てなくなる。

 

生活保護を受けて暮らしたくなる。

 

会社の人間関係の何もかもにうんざりする。
上司・同僚、その他誰とももう会いたくない。

 

親や学校に大事に守られていた学生時代から、
急に会社の奴隷へと転身。
落差があまりにも大きすぎる。

 

「宝くじ」の誘惑が強力すぎる。
働く前はあれだけ宝くじをバカにしていたのに、仕事環境が嫌すぎて、宝くじで一発当てて辞めたくなる。
そりゃ、社会人は宝くじにすがりつくわけだわ。

 

 

 

 

 




もしも仕事を辞めたい原因が「ただの甘え」だった場合

 

会社を3年以内に辞めることのデメリット

  • 再就職をしようとする際の面接で「この人は、会社をすぐに辞めてしまうので、社員として採用するのは危険」と面接官に大きなマイナス評価を受ける危険が大きい
  • 「辞め癖」が染みつく可能性があり、辞め癖のせいで職場を転々としたり、フリーターや派遣社員のような気楽で不安定な労働形態へ落ちて行ってしまう危険が大きい

 

 

社会人1・2年目は、当然ながら仕事のあれこれをまだ修得していないので上司に叱責されがちで、そのせいで「最も会社を辞めやすい時期」だと昔から言われ続けています。

なので、新社会人が「会社を辞めたい…」と悩むのは自然なことです。

それを知らずにすぐに辞めてしまうと、「前の会社を3年間勤め上げていない」ということがネックとなり、面接官からマイナス評価を受けて落とされ続け、経歴上での「空白期間」が拡張され続けて、余計に再就職が困難になるという負の連鎖に突入しがちです。




スポンサーリンク



「毎朝、会社へ行くのが大変」「仕事が疲れる」「働くことが面倒くさい」という理由で辞めても、それらの大変さはどの仕事にも付きものなので、転職しても解決しません。

よほどの理由が無い限り、新卒入社した会社を3年以内に辞めることは推奨できません。

 




もしもその仕事が「本当に自分に向いていなかった」場合

 

辞めた方が良い仕事の特徴

  1. うつ病が発症したり過労死してもおかしくないほどの「異常な激務」
  2. 「サービス残業の強要」や「有給休暇を取得させてもらえない」など労働法に違反している職場環境
  3. 上司からひどい「パワハラ」を受け続けていたり、同僚みんなに無視されるような「職場いじめ」にあっている
  4. その仕事をやっていて全く楽しくない・やる意義を感じられないという「極度のやりがいの無さ」
  5. 「ストレスによっておう吐する」「勝手に涙があふれてくる」「髪が薄くなってきている」「不眠気味」といったはっきりとした身体的症状が出てきている
  6. 「これから先に、何年も勤め続けている自分の姿」がとうていイメージできない

 

 

このような職場環境で働き続けていると、ストレスや激務のせいで「自律神経失調症」になって長期的に体調が狂うはめになったり、いずれ「うつ病」や「パニック障害」のような精神疾患を発病して今の会社を辞めるどころか再就職さえ至難になります。

これらの病気を発症する前に辞めるのと、ほんの少しの時間差で発症した後に辞めるのとでは、辞めた結果は同じでも、その後の人生に大きな差が生じます。

自分の身と人生を守るために、早くその仕事環境から脱出しましょう。

現在の仕事内容・職場に不満がある場合、転職することも検討するべきです。

転職サイト「ミイダス」は、自分の強みと適性が高い職種・適性が低い職種を診断でき、企業側から面接確約・年収提示のオファーが次々と届く、無料の転職サイトです。




この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました