スポンサーリンク

薬剤師…働き先に困らず高年収だが薬学部時代で猛勉強が必要

 

国家資格職であり、高収入で働き先も豊富であることが魅力的な、薬剤の専門家である「薬剤師」の評判や仕事内容について調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「薬剤師ってどうなの?」へのネット上の意見集

 

時給換算で、時給2000円以上の仕事。
なれれば美味しい仕事だけど、なるのが非常に大変なのが薬剤師。

 

大学での勉強がとんでもなく大変。
医学科での勉強ほどではないにせよ、
薬学部の学部時代=試練の時
と十分に表現できるくらい大変。

 

医師が患者への投薬について下した判断を、
薬剤師が専門知識をもって間違っていないかチェックする仕事。
責任重大。

 

本当は医師になりたかったんだけどね…。
医学科入試は難しすぎるからね…。

 

医療系の仕事の中だと、
薬剤師はAIに取って代わられる可能性がかなり高い部類だと言われている。
薬剤師になりたい人は、そのあたりをよく考えた方が良い。

 

薬学部は、大学の学費が留年せずにストレートで卒業できたとしても、
最低で1200万円
もかかる。(私立大学の場合)
親がある程度お金持ちでないと、そもそも学費が払えない。

 

・医院付属の薬局
・ドラッグストア
・製薬会社
働き先がたくさんあり、仕事に困らない。
やっぱり、国家資格職は強いよ。

 

薬学部での生存競争はヤバいよ。
勉強内容がハードすぎるから、
留年続出、退学者続出、学業成績が悪いせいで大学側に国家試験受験の許可を下ろしてもらえず、などなど。
医学科での生存競争と通ずるものがある。

 

医師からは、学歴や立場の強さが大きく違うので薬剤師は当然下に見られる。
看護師達からは、医師は別世界の人という感じで手が出せないけれど、薬剤師ならばまだ手が届くと思われて叩かれやすい。
ストレスが溜まる立場にあるのが薬剤師。

 

人生で行き詰まっているニート達が、
薬学部合格に憧れやすいよね。
薬剤師が高時給とか、仕事内容が楽なイメージのせいで。
医学部再受験とか司法試験なんかも同じように憧れの対象になりやすい。

 

「医学科に合格できる頭脳があるのに、
薬学部に入って薬剤師を目指す」
という選択は愚か。
薬剤師にどんな夢を抱いてるのか知らないけれど、
大学での勉強に費やす時間がほぼ同じなのに、医師の待遇の方が全面的に上回っているんだから、
黙って医師になっとけ。

 




薬剤師の仕事内容と、薬剤師の平均年収

 

仕事内容

  • 薬局や病院において、薬剤の管理・調剤(医師が出した処方箋のもとに薬を出すこと)を行う
  • 薬剤を処方する患者に、薬の服用方法や副作用などを解説する
  • 患者の、薬剤の服用履歴を管理する
  • 製薬会社の事業所において、薬事法に則った医薬品の管理を行う
  • 自社製品の効果・安全性を、外部の医療機関の人間に解説したり、新商品の薬剤を開発する際に薬剤師としての立場から情報提供を行う

 

 

平均年収

  • 585.6万円

平成29年度人事院統計表より

 

 

薬学部に合格することと、薬学部での勉強が非常に辛い

 

薬学部入試の難易度偏差値

  • 国公立大の薬学部:偏差値62~71程度が合格のために必要
  • 私立大の薬学部:偏差値50~67程度が合格のために必要

 

 

薬学部での勉強で大変なところ

  • 薬剤師になるための6年制の薬学部コースで、6年間ずっと勉強漬けの日々
  • 薬剤の名称や化学組成や効能など、暗記する量が膨大
  • 必修科目が多いので、毎日の受講スケジュールがびっしり埋まってしまう
  • テストがかなり多い
  • 「実験」、「実験結果をレポートにして提出すること」という理系学部ならではの大変な課題もたくさんある
  • 4年次に「CBT」や「OSCE」といった大規模な進級試験があり、医学科とまるっきり同じ
  • 6年次には「就職活動」「卒論」「卒業試験」「国家試験」を立て続けにクリアしていかなければならないので、多忙さが極まる

 




スポンサーリンク



 

薬学部での勉強は、膨大な暗記量を強いられたり、「CBT」や「OSCE」といった進級試験が医学科と共通していることから、医学科での勉強と酷似しています。

 




「薬剤師」と「ドラッグストア」の関係

 

ドラッグストアで働く薬剤師がする仕事は、

  • OTC医薬品(処方箋無しで販売できる、一般医薬品の名称)の販売・服薬指導
  • レジ対応
  • 品出し
  • 商品の説明用のポップ作成
  • 調剤併設型のドラッグストアでは、「調剤(医師が出した処方箋のもとに、適切な薬剤を患者に渡すこと)」の業務も行う

などが主な仕事となります。

 

ドラッグストアで働いている「登録販売者」は、風邪薬・鎮痛剤などの一般用医薬品を販売できる資格を持つ人であり、薬剤師とは別物となります。




スポンサーリンク



薬剤師が第一類医薬品(使用実績が少ない薬や、薬の飲み合わせによっては副作用が生じる薬)・第二類医薬品・第三類医薬品まで販売できる資格があることに対し、

登録販売者は第二類医薬品(一般的な風邪薬)・第三類医薬品(ビタミン剤や整腸剤など)しか販売することができません。

 

 

調剤併設型のドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は、




スポンサーリンク



  • 男性:655万円
  • 女性:539万円

(平成27年賃金構造基本統計調査)

となっており、薬剤師全体の平均年収の580万円前後をかなり上回る額となります。

レジ対応や品出しなど、薬剤師らしからぬ業務をする必要がありますが、そこに目をつぶれば好待遇で働く事ができます。

この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました