スポンサーリンク

お金にまつわる、お金の法則と性質と有用な情報集

 

お金にはどのような性質があり、お金持ちと貧乏人はそれぞれどのようにお金を扱っているのか?

ネットで見つけた、お金の重大ヒントを公開します。

 

スポンサーリンク

お金を稼ぐことに関する重大な言葉


 

まず最初にするべきことは
「自分が得意なことを徹底的に伸ばすこと」。

自分のやりたいことをやって、しかも他人に喜ばれる、っていうのが健全で賢い。
そういう風にやると、あとから自然とお金がついてくる。

 

みんなが「私、これをやりたい!」って思う華のある仕事(芸能系とか創作系とか)は
みんなも同様にやりたいので、競合して、雇用者側に安く買い叩かれることになる。そのような仕事はあまり稼げない。
「自分にとってはできて当たり前で、特にやりたいとは感じない」という事こそ、競合が生まれずに稼げる行為だったりする。

 

「効率よく人を動かすこと」が金を稼ぐことの根幹。
これが金を稼ぐ方法の全てと言っても過言ではないかもしれない。

 

「独自の着眼点」と「独自の発想」が、金儲けには絶対必要。
加えて、「頭の良さ」も必要だが、「良い大学を出ている」みたいな学歴はあまり関係ない。

 

金儲けのキモって、「小金をもった馬鹿から搾取すること」。
馬鹿から搾取すること以上に稼げる方法って、この世に存在しない。

 

お金も、貴重な人間関係も、あるところにはある。無いところには全然無い。
つまり、これらはかたよって存在している。
それを掘り当てることができたら、お金も人間関係も芋づる式に手に入る。

 

資本主義では、既製品を右から左へ流す作業が最も儲かる。
資本主義で上の階級ほど、右から左へ動かすだけの生産性の無い仕事をしている。

 

金、人脈、印象、実績、技術、知識、何でも良い。
何か「貯まる」努力をすること。貯まらない行為はしないように。

 




お金は寂しがり屋だから、仲間のお金がある場所に集まる


 

金は少額だとすぐに消えて無くなってしまうが、
ある程度の金額が集まると、増えると減るの平衡状態になってなかなか減らなくなり、
ある一定の金額を超えると、周りのお金を吸い寄せ始めてどんどん増えていく。額が大きくなるほど、お金は加速度的に増えていく。

 

お金の使い方が下手な人は、お金に嫌われて、手元から逃げられる

 

  • 結局金だ!金がある所に金が集まる。金のねェ奴はとことん搾られ、尊厳まで奪われる。
  • お金持ちがお金持っているのはね…無駄金使わないからだ!!
  • 金は金を呼ぶ。金は力のない者からすべて奪い尽くすものだよ。キミも頑張って僕のように金を稼ぎなさい。うふふ……。

 

お金持ちのお金の扱い方


 

「汗水垂らして働く」ってことを良いことだととらえる人は、お金持ちになりにくいよ。
資本主義なんだから、資本を使って他人に働かせて、
自分はいかに実労働をしなくて良い立場へ転身できるかが鍵。

 

金持ちが金を稼ぐ基本的な方法は「お金を使って、もっと大きな額のお金を得ること」。

 

「金は道具」って意識はある?
投資家は金に命令をして金を働かせて、自分は働かずにどんどん金を得ているよ。

 

 

金持ち:働かなくても、勝手にお金が転がり込んでくる仕組みを作り上げた人
貧乏:金持ちに操られていて、自分自身が勤務をしないとお金を手にできない人

 

もしも金持ちになりたいなら、
「IT」と「金融」の2つに特に詳しくなれ。
これからは、その2つが世界を動かしてゆく。

 

テレビ番組で、池上彰さんが
「お金持ちと呼ばれる人達の中で、株(投資)をやっていない人は1人もいない」
と言っていた。

 

経済格差の第一人者であり、経済学者のピケティ氏いわく
「資本所得の増加率は、労働所得の増加率を上回る」。
投資を行って分配金などを獲得して資本が増加するスピードは、労働者の賃金がちょっとずつ上がるペースを上回っている、ということ。

 

金持ちになったけど、金持ちって状態は良いよ。
お金を使って何か楽しい事をしなくても、何かをする前からすでに楽しい。
行動的自由・精神的自由・時間的自由を得られて、自身は何もしなくても金がさらに金を生む
この状況自体がすでに楽しい。

 

「余裕」が無いとお金持ちにはなりにくい。
お金・時間・心の余裕のある人が、じっくり考えてじっくり投資的行為をして、結果的にお金持ちになっている。

 

金持ちが他人と交流するのは、それなりに値が張る飲食店とか有料のスポーツクラブが多い。
そういう場所には金持ちばかりが集まってくるから、自然と他の金持ちと人脈を築いたり、良い儲け話が聞けたりして、ますます稼げるようになる。
「富める者はますます富む」の法則が、ここでも適用できる。

 

お金と現代社会の関係


 

金持ちと貧乏人とではスタート地点が違う。
100メートル走でも、金持ちは50メートルの地点からスタートできる。そりゃあ、金持ちばかりが勝つ結果になる。

 

多数の労働者達から搾取して上位へ君臨するのが資本主義というもの。
搾取することを拒絶してしまう善人や聖人は上へと行けない仕組みになっている。




スポンサーリンク




 

資本主義社会において、金の有る無しは、そのまま強者弱者を分ける。
「貧乏でも、努力でどうとでもなる!」って脳内お花畑の人の言うことは聞き流せ。

 

搾取される奴隷になりたくなければ、搾取する側へ回れ。
資本主義社会で搾取する側:投資家・投機家・経営者
資本主義社会で搾取される側:労働者

 

 

  • ルールを決めるのは、強者だ。金と権力のある奴らだ。強者は自分に都合のいいルールを作る。だから、いつも弱者がわりを食う。
  • 強い国は弱い国から奪い、資本家は労働者から奪い、政治家は国民から奪う。世の中は奪い合いだ。奪るか奪られるかなら、俺は奪る方を選ぶ!

 

貧乏人のお金の扱い方


 

貧乏人は、コンビニ・マック・居酒屋・自販機みたいな割高な買い物ばかり。
ギャンブルみたいな、明らかにお金が出ていくことの方が多いような趣味にもハマっている。
お金を手元に残そうとせずにしょっちゅうお金を放出しているから、お金にも嫌われてお金に逃げられている。

 

貧乏人は「欲しいもの」を買うが、
金持ちは「必要なもの」を買う。




スポンサーリンク




「やることなすこと、全てがだらしない」
これは、ほとんどの貧乏人に共通して言えること。

 

「台所の綺麗な女に金貸すな」
これは高利貸しに伝わる格言で、節制ができて台所を綺麗に保てるマメな性格な人は、すぐに金を返してくるから利子が取れずに商売にならない、という意味。
これを裏返せば、台所が汚くてずぼらな性格の人はなかなかお金を返せずに利子がどんどん取れる上客、ということになる。

 

 

金を持っているか持っていないかは、心の余裕度に直結している。
金が無いと、常にイライラして、キレやすくなる。怒りの沸点が非常に低くなってしまう。
しかも卑屈で反社会的な考え方をするようになり、金が無いと心まで貧しくなってしまう。

 

お金の勉強についての言葉


 

賢い人・金持ちは、お金を出して「資産」を買う。
馬鹿・貧乏人はお金を出して「負債」を買う。
ここで言う「資産」とは、入金のお知らせが継続的に届くようなもの。
「負債」とは懐からお金が継続的に出て行ってしまうもの。

 

他人がマネできない、自分だけの技術を身につけると、それは金になる。

 

金持ちになるための基本的な方法は、
「自分が働くのではなく、他人を働かせること」。
自分でリスクを負う代わりに、他人を働かせ、努力させて、その成果をごっそりいただく。

 

 

成功して金持ちになるために必要なのは、
1.人生でリスクを取る
2.長所を伸ばす
3.他の大勢とは別の道へ進む

 

貧乏人が金持ちになるには、
1.非常に運が良い
2.死にものぐるいで努力する
3.才能豊か
4.とんでもなく悪いことをする
の、どれか1つは当てはまっていないとモノにならない。
ただの会社勤めを頑張っているだけでは、貧乏人生が確定してしまう。




スポンサーリンク




社会では、「他人に金を貸した」=「他人に金を譲った」ということ。
貸した金はほぼ100%返ってこないから、それを理解した上で貸すか貸さないか決めろ。

 

いくら友達とはいえ、
「金を貸して」と言ってくる時点で、こちらを下の立場に見ている・なめている、と判断できる。
さっさと縁を切るのが吉。

 

金の貸し借りは絶対にやめた方が良い。
貸した金を取り返しに行く時に「殺人事件」が頻発している。
金の貸し借りをしてしまった時点で、殺す側か、殺される側のどちらかになりやすくなる、ということ。

 

40歳以下の死亡原因の第一位が「自殺」で、自殺の理由の半分以上が金銭的な理由。
借金関係の理由が多いと思われる。
そして、「自殺を始める借金額」があって、年齢×10万円以上の借金を抱えると、人間は自殺をし始める。

 

一般的には「200万円以上」の借金を抱えてしまうと、
多額の利息のせいで、いくら返済しても利息を払っているだけになってしまって、借金の元金が減らなくなり、返済不能になると言われている。

 

勉強をしない(受験用の勉強ではなく、学校では教えてくれない金の勉強)人の末路が、社畜。
他人と、企業にこき使われるだけの人生で幕を閉じてしまう。

 

他人様の畑をひたすら耕し続ける人がサラリーマンであり、その構造が資本主義そのもの。
自分のものでない畑をいくら耕したところで、その作業は楽しいわけが無いし、やりがいがあるはずがない。
畑で実った収穫物(会社の儲け)は、畑の持ち主である資本家がほとんど持って行ってしまう。
これが嫌なら、自営業をするなり起業するなりして、自分だけの畑を持て。

 

「金儲けは汚いこと」「誰とでも仲良くしよう」「多数決は正しい」
この3つは、学校で教わる大嘘。
これを信じ込んでしまうと、社会人生活ではハンデにしかならない。

 

 

「才能」という資本を多くもつ者が、努力行為で「才能を運用」して、初めて「お金」になる。
いくら努力をしているつもりでも、せっかくの才能にノータッチという努力方法だったら、なかなかお金にはならないので注意。

 

金持ち父さんの本では
「豊かさ=働かなくても生きていける余裕の量」って定義されている。

 

お金を効率的に増やすためには、お金について楽に学べる情報源を利用するべきです。

アットセミナー」は、貯蓄から資産運用まで、自身の目的に合った内容を60種類以上の中から選べる、

お金と賢く付き合う情報を無料で学ぶことができる人気のお金のセミナーです。

 




その他の色々なお金にまつわる法則


 

恩の貸し借りは良縁の始まり。
金の貸し借りは縁の切れ目。

 

この世のたいていの不幸は、
「お金がないこと」
に起因している。

 

金銭的に貧しくなる、ということは、心も貧しくなる、ということ。

 

内閣府の調査では、世帯年収1000~1200万で幸福度が最も高くなる、という結果が出た。
アメリカの調査では、年収7万5000ドル(約900万円)以上では年収と幸福度の相関関係が消える、という結果がある。
どれだけ金を稼いでも、金単体では幸福度が頭打ちになる。しかし、金が無いと人間は確実に不幸になる。




スポンサーリンク




金持ちに聞いた話だけど、
金があってできることは
1.嫌いな人間と付き合わないで済むようになる
2.したくないことをしないで良いようになる
の2つだけ、らしい。
お金はただの不幸回避券であって、幸せ購入券ではない。

 

競馬・パチンコのようなギャンブル、ほとんど運頼りの危ないやり方の株式投資・FXで一攫千金を狙う人は多い。
でも、昔からこんな格言がある。「ギャンブルで家を建てた者はいない」

 

金が絡んで破滅した奴を数多く見てきたが、
経験上、「金がすべて」だと考えている奴は特に悲惨な事になっていた。
人も金も両方大事で、どちらか片方にのめり込むと破滅するので注意。

 

「その物事に金がからめばからむほど、真実から遠ざかった曲げられた情報になりやすい」。
このことを裏返せば、金や損得とは無関係な情報ほど真実に近くなる。

 

人生を楽しむには金持ちになるのが絶対不可欠!って考える人が多いが、そうでもない。
・食うに困らないだけのお金
・自分が熱意をもってできる仕事か趣味
・数が少なくても、心を許せる友達がいる
この3つがあれば、人生は十分に楽しい。

 

もしもお前が金持ちになりたいのなら、
結婚はするな。結婚予定があるなら今すぐにそれをキャンセルしろ。
理由は、お金と時間とエネルギーの無駄だから。金持ちになるために必要なそれらの要素が、嫁と子に全て吸い取られる。
結婚してしまったら、もう金持ちになれる可能性はゼロ近くまで落ち込む。

 

「1日で1億円使い切るとしたら、どうやって使うか?」
って問いかけは、自分の価値観・金銭感覚を計るうえで便利。

 

 

欲が無いと、何かを手に入れようとする行動が起こせずに無気力廃人になってしまうこともある。
欲深いと毎日精力的に行動して、日々張り合いがある。
欲を上手く活用しろ。

 

人間は欲求に忠実な方が成功できるんだよ。
金が欲しい・女が欲しい・かっこいい綺麗な服が着たい・楽しい遊びがしたい、そういう欲求に素直な人の方が成功する。
社会へ出たらいじめっ子の方が成功しているし、世界でも、強さにどん欲なアメリカが最も成功している。
「清貧」に憧れて欲を封殺してしまう人は、経済的には成功できない。




スポンサーリンク




女が金で男を選ぶのは、金という尺度が、男の有能無能を計るうえで便利だから。
あらゆる生物の雌は、強い雄が好き。人間の世界で強い雄とは、たくさんの金をもっている男。

 

ユダヤ人の教え
若い時は体を使って稼げ(肉体労働)
中年になったら頭を使って稼げ(頭脳労働)
年老いたら金を使って金を稼げ(投資)

 

凡人が金持ちになるには、
「とにかく車はもたないこと」
「可能な限り税金には関わらないこと」
「見栄を張ろうとしないこと」
「広告・看板・チラシのたぐいは全て見ないこと」

 

結局、この世は金次第だ。
金が無いとトラブルや他の誰かに振り回され続けるけど、金があるなら我を通して自由に生きていけるから

 

歴史が始まって以来ずっと、金と女は戦って勝ち取るものだぞ。
待っていれば、誰かから与えられる種類のものじゃない。
「働きたくないけど金は欲しい」「短時間の楽な仕事で給料がたっぷりの職が良い」とか言っている人が多い若者達は、何か勘違いしている。

 

 

「マイホーム」「マイカー」「生命保険」は非常に大きい買い物だけど、
どれも必要性は非常に低い。というより、要らない。
常に家計を圧迫するこれら3つは買わない方が良い。

 

人生で出くわす不幸の8割は、十分量のお金があれば解決できる。
お金があれば必ずしも幸福になれるとは限らないけど、お金の不幸回避機能は凄い。

 

「金で買えない幸せもある」ってフレーズがやたらに有り難がられる理由は、
みんなが「金で買える幸せが大半」って思っているから。

 

友人と話してはいけない3つの話題は、
1.お金(収入関連)
2.宗教
3.政治

 

金持ちと友達になりたい(純粋な友情目的)ときは、
趣味などを通してフランクに接するのがおすすめ。
「職業がすごい!」「年収がすごい!」「家がすごい!」って褒め称えるほど、金持ちとの間に壁ができるので注意。

 

???「大事なのはお金じゃなく、ありがとうの心です」
この言葉がしっくりくればくるほど、その企業のブラック企業度が高い。

 

男は人間と結婚する
女は金と結婚する
今も昔も、この事実は変わらない。

 

その集団・その世界で上位にいる男ほど、女にモテる。
だから、金持ちとか、経営者とか、権力者とか、ヒエラルキー上位の男はモテやすい。
なぜ上位の男ほどモテるかというと、その男と付き合う・結婚することで、女の自分も同じ地位まで昇れると無意識に考えているところがあるから。
ついでに言うと、そういう上位の男を「私はこんなにすごい男と付き合っているのよ!みんな私を褒めて!」と同性の友達に自慢するための「自分自身を飾る、アクセサリー」として扱っているから、
女側に純愛とかは期待しない方が良い。

 

金が全てじゃねぇが、全てに金が必要だ。


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました