スポンサーリンク

派遣社員…手軽に働けて収入を得られるが安定しない働き方

 

「派遣社員」という働き方の年収や、派遣社員として働くための手順などについて調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

「派遣社員って働き方はどう思う?」へのネット意見

 

「気楽に働けるフリーター」のような働き方が好きで、
そういう風に働きたいなら、
フリーターの上位互換の派遣社員はおすすめ。
安定性や高給を求めるのなら派遣社員を選択することは間違い。

 

派遣先の企業で、名前で呼ばれずに「派遣さん」と呼ばれることが多々。
どこの企業内でもよそ者扱いだから、
そのことが嫌な人と、特定の人間関係に縛られたくないので心地良い人に分かれる。

 

女性の場合は、
出産や育児のような出来事のせいで正社員形態が不可能だったり、
結婚するまでの腰掛けのつもりで、
派遣社員をやっているパターンが多い。
そのようなパターンの女性にとっては、派遣社員は都合が良い働き方。

 

その時期にちょうど派遣先企業が無かったり、
雇用契約が更新されずに打ち切られると、
毎日働き続けることができなくなるから、
収入が非常に不安定。
安定とはほど遠い生き方。

 

派遣社員という働き方だと、
特定のスキルも身につかないし、一貫したキャリアも形成されない。
なので、歳を取れば取るほどじり貧状態へ追い込まれていく。

 

派遣社員は、
登録している派遣会社と、派遣先の企業の両方から
「代替可能な部品」
として見なされているし、実際、その認識は正解。
派遣社員をやっている人達は、その状況から抜け出す努力をするべき。

 

新卒入社した会社が辛くて辞めた人は、
派遣社員で良いから働き続けるべき。
ニート状態で居続けるよりは、派遣社員の方がはるかに希望がある状態だから。

 

派遣社員の不安定さはちゃんと理解しているし、
正社員の給与額や待遇に嫉妬しているが、
「正社員は大変そうだから…」
とあれこれ言い訳して、
正社員登用の誘いを断ったり、中途採用の試験を受けようとしない。
派遣社員には、そういう中途半端な人が多い傾向がある。

 

これは非常に重要なこと。
女性は派遣社員なんかせず、代わりに婚活をした方が絶対に良い。
20代を婚活に費やせば、それなりに良い条件の結婚ができる。
20代で派遣社員をたらたらやっていると、気楽さと高時給で抜け出せなくなり、あっという間に30代になってしまって、
結婚できずに将来が終わってしまう。

 

「海外では無能社員は簡単に解雇できるのに、
日本では解雇規制が強くて無能をクビにできない!」
という状況から生まれたのが、派遣社員という生き方。
しかし、今後の日本では解雇規制が緩和されて、容易に解雇できるようになることは確実。
近い将来の日本では派遣社員も正社員も無くなり、
すぐに解雇されて常に無職状態の人達と、
成果を上げられるので企業で働き続けることができる人達の、
2種類へと分かれていく。

 




派遣社員の年収と、派遣社員の仕事内容

 

派遣社員の平均年収

  • 正社員以外の人(非正規雇用者)の年収は、男女を平均して「223万2000円」
  • それに対して、大企業正社員の平均年収は「375万5000円」

厚生労働省が発表した「平成28年賃金構造基本統計調査」より

 

 

 

派遣社員の仕事内容

派遣社員の仕事は、




スポンサーリンク



  • 一般事務(最多)
  • 事務用機器操作
  • 軽作業
  • 情報処理システム開発
  • 販売
  • 物の製造
  • テレマーケティング営業
  • 案内・受付
  • 営業
  • 機械設計
  • 貿易

の順に多いという調査結果があります。(東京都産業労働局の発表の「平成26年度 派遣労働に関する実態調査」より)

 

 

 

派遣社員のメリット&デメリット

派遣社員のメリット

  • 「責任が重い仕事」をしなくて良い
  • 正社員よりも拘束時間が短いため、趣味や資格取得の勉強のための時間が取りやすい
  • 一つの職場に長期間縛られることがないため、人間関係が気楽

 

派遣社員のデメリット

  • 多くの場合で年収が正社員よりも低くなり、月収の額も不安定になる
  • 賞与が無い場合が多い
  • 厚生年金や国民健康保険料のような各種福利厚生がカットされている場合が多い
  • 景気が悪化したり、派遣先の企業の経営業況が悪化すると、まっさきに派遣社員の雇用契約が打ち切られる

 

現在の仕事内容・職場に不満がある場合、転職することも検討するべきです。

転職サイト「リクナビNEXT」は、たくさんの優良企業が登録されていて、企業側から就職のオファーが次々とかかる、無料の人気転職サイトです。

 

 

 

派遣社員のメリット&デメリットの詳細と、派遣社員と正社員の違いの詳細は、↓の専用ページをご覧下さい。

 

派遣社員として働くための流れ

 

流れ

  1. 「派遣社員として登録したい派遣会社」へ電話・メールで連絡をする↓
  2. 登録会に出席する日を予約する↓
  3. 登録会で、コーディネーターと直接面談し、登録シートへ記入したり、希望職種を伝えたり、スキルチェックを行う↓
  4. (希望すれば、派遣先の企業へ出向き、職場見学をすることができる)
  5. 「登録者が派遣先企業で働く事ができる」と派遣会社側が判断し、
    なおかつ
    「登録者が派遣先企業で働く事を了承する」ことで、
    登録者側と派遣会社側の双方が合意する↓
  6. 登録者が契約書で、時給額や仕事内容などの就業内容を確認し、派遣会社と契約を結ぶ↓
  7. 日程通りに派遣先企業へと出社し、派遣社員として働く

 




派遣社員が正社員に登用される方法

 

正社員に登用される方法

  • 派遣先の企業で、仕事の能力や勤労精神を証明し、そのことで企業側からの正社員登用の誘いを受ける
  • 「紹介予定派遣」という形態の派遣社員として働く
    • 紹介予定派遣という働き方は、派遣期間の満了後、派遣社員と派遣先企業の合意があれば正社員登用される(派遣先企業から、派遣社員の履歴書の提出や面接を要求されることが多い)

 




スポンサーリンク



 

「紹介予定派遣」という派遣形態を受け入れている企業と、受け入れていない企業が分かれています。

そのため、現在登録中の派遣会社に、

「紹介予定派遣として働きたいです。

紹介予定派遣を受け入れている企業に、紹介予定派遣として派遣してくれるように手続きして下さい」

と申請しましょう。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました