スポンサーリンク

メンヘラになることでの、友達との絶縁など人生の大損害

 

メンヘラ化による人生での損害と、メンヘラと化す代表的な原因を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

メンヘラ化を絶対に避けるべき理由が分かる4つの大損害

1.他人から次々と縁を切られる

 

 

始終ネガティブな言葉をつぶやき続けたり、全身から負のオーラを立ち上らせているので、普通の人ならばそういう不快な雰囲気のメンヘラは避ける。

メンヘラは、メンヘラに深く関わった人もメンヘラにさせるという伝染性なので、その事を知っている人は真っ先に逃げていく。

 

 

 

2.この世全てが呪わしく見える




スポンサーリンク



 

サングラスを掛ければ視界が暗くなるように、自分の心が暗くなれば自分の感覚のフィルターを通して見える世界も暗く不快に見えるようになる。

この状態になってしまっては、メンヘラが治らない限りは「もう生きていたくない」という最悪的心境から抜け出せない。

 

 

 

3.自分を中心にして、自分の周囲を破壊しまくる

 

リス.トカットを始めとした数々の自.傷行為を続け、手首や腕に一生モノの傷跡が残る。

それに加えて恋人にも当たり散らし、刃物を用いた刑事事件モノの傷害行為に及ぶことも珍しくない。コップや皿のような小物から家具や窓ガラスなども次々と破壊する。言うまでもなく周囲の人間関係も破壊する。




スポンサーリンク



 

 

 

4.まともな人生プランを描けなくなる

 

うつ病や、対人コミュニケーションが困難で、学校や職場へ通えなくなる。

そのせいで就職に必要な学歴を積めなかったり、生計手段が持てなかったりで、まともな人生プランが描けなくなってしまう。




スポンサーリンク



 




要注意!メンヘラになる危険な4つの原因

境界性人格障害

 

境界性人格障害の症状

  1. 恋人や家族のような身近な相手を振り回して、見捨てないかを試し続ける。また、わざと嫌われる行為をとって相手が離れると「ほら、やっぱり見捨てた!」と試すこともする
  2. そうやって試すのは、見捨てられないか不安で恐怖心を抱いているからである
  3. 見捨てられる恐怖心・猜疑心から攻撃的な言動や、わざと自分の体を傷つけて相手を心配させるようなことをする
  4. 甘えが強く、幼児のように誰かに守られていたい・抱っこされていたいと思う
  5. 自己主張が強くてキレやすい
  6. 虚言が多い
  7. 感情の起伏が激しくて感情が安定しない。気分がころころ変わり、さらに価値観や人生観も変化しやすい。常に気持ちと考え方が不安定
  8. 慢性的な虚無感・空虚感の状態におちいっている

 

 

境界性人格障害の原因

1歳から3歳くらいまでの幼児期に、母親から十分な愛情を注がれなかったり、育児放棄を受けたり、当時の両親の関係が悪かったせいで家庭が冷え切っていて、

子どもの心の中に欠損が生じ、重要なものが育たなかったので、10代後半位から、他人からの愛情を過度に求めるような問題行動を引き起こすと考えられています。

 

 

ネット上で取り沙汰される超絶かまってちゃん型のメンヘラの病名は、「境界性人格障害」。

恋人を徹底的に振り回し、その挙げ句に浮気であっさり別の異性へと乗り換える。本タイプのメンヘラはれっきとした人格障害の1種なので、「異端的な性格の私ってなんだかかっこいい…」と悠長に構えていないで、即刻心療内科へ行くことをおすすめします。

 

 

ブラック労働環境やショックな出来事でメンヘラ化

 

メンヘラとは心療内科へ通院している人全般を指す言葉で、境界性人格障害者のみを指す言葉では無い。ブラック企業で使い潰されてうつ病を発症したり、受験失敗やひどい失恋などでうつ病になり、心療内科へ通うことになってメンヘラの仲間入りを果たすこともよくある。




スポンサーリンク



精神疾患にかかりやすい脳の構造が親から遺伝する事が知られているので、うつ病患者などが多い家系の人は厳重な注意が必要。

 

 

心療内科から処方される薬の薬漬けになってメンヘラ化

 

睡眠不足だったり、少し落ち込んでいるだけなのに、それを大げさにとらえて心療内科を受診し、処方された薬を飲み続けるうちに(心療内科は意外とすんなりと薬を出してくれる)、それ無しでは生きていけなくなってメンヘラ化。

精神安定系の薬剤は心を落ち着けるので、その服用状態生活に慣れると、服用していない時のちょっとしたストレス負荷に耐えられなくなってしまい、一生薬に頼り切ってしまうようになる。

 

 

他人に毒を吐き続けてメンヘラ化

 

過度にひねくれた物の見方をして他人を誹謗中傷していると、いつの間にかメンヘラ化して自身の人生が壊れている。

人を傷つける毒を吐くという行為は、行動原理上、一度自分の内側で「人を傷つける毒」を溜める、というステップが必要であり、そのステップにおいて「人を傷つける毒」に少しずつ自身がむしばまれていくことになる。

他人を得意げに誹謗中傷しまくっていて、だんだん言動がメンヘラ傾向を帯びていき、「ああ、この人はもう助からないだろうな…」と思う人をブログ管理人は何人か知っている。

 




メンヘラについての、ネット上の有用コメント

 

愛して欲しい、かまって欲しいがメンヘラの基本行動。

 

メンヘラとの恋愛はやめとけ。
時間と精神力をごっそりともっていかれて、それに見合うだけのものが返ってくることは100%無い。

 

この世にはいくら思いやりと誠意を尽くしても報われない相手がまれにいる。
メンヘラがまさにそれなので、関わらずに逃げるが勝ち。

 

たとえ可愛くてもメンヘラには関わるな。

 

付き合うとメンヘラが伝染して終了。お医者さんに任せて関わらないのが吉。

 

鬱は伝染するし、メンヘラも伝染する。
朱に交われば赤くなるんだよ。

 

自己愛のかたまり。

 

うだうだ自虐発言が長いは、夜中に電話しまくってくるは、
自/傷行為して血だらけの写真を写メで送ってくるは、最悪だよ。

 

「寂しくて他の男と寝ちゃった。ごめんなさい」と自分から告白してくる。

 

ところかまわず怒鳴り散らすは、
やってないことまでやったと言いふらすは、もう最悪。

 

何かの間違いでこっち側へ来てしまった、向こう側の世界の住人。そういう認識で距離を置いた方が良い。
こっちの話は一切聞かず、自分の都合と主張を押し通そうとするだけの異質すぎる存在だし。

 

基本、こっちの都合はお構いなし。
早朝深夜食事中仕事中関係無しに面倒ごとを持ち込んでくる。

 

 

メンヘラは「何でも言うことを聞く人形」が欲しいだけ。
絶対服従をせずに、反論したり無視したりするとキレる。

 

メンヘラを含めた精神疾患は風邪のように伝染する。
もしも関わろうとするなら、それなりの覚悟をもって当たらないと自分がつぶされる。

 

いつも愛が足りていないし、愛してくれれば誰でも良いので、
べつに今の恋人相手にこだわらない。
だから平気で浮気する。

 

メンヘラの行動は「×相手を愛する ○不安を回避するために相手に依存する」。
だから依存できる人から徹底的に時間・エネルギーを搾り取ろうとするし生活もめちゃくちゃにする。
新しく依存できそうな相手が見つかったらすぐに乗り換える。
メンヘラは、こっちの誠意が通用しない相手なんだよ。


この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました