スポンサーリンク

激務で人手不足なので簡単に就職と転職ができるITや飲食や建設

 

ブラック業界であり、同時に人手不足なので就職もしやすい、一長一短の人手不足業界を調査したので分かったことを報告します。

 

スポンサーリンク

人手不足ゆえに就職しやすい、狙い目の業界

 

プログラマー・SE(システムエンジニア)

IT需要が大きくなっているのに、人手が足りないという状況なので、正社員就職をしやすい業界です。他の業界と違い、デスクワークができる仕事という点も魅力的です。

 

 

 

飲食業界

アルバイトで、日本へ出稼ぎに来ている外国人労働者ばかりを採用せざるを得ないほど、人手不足が深刻な業界です。たしかに激務な業界ですが、就職は容易です。




スポンサーリンク



 

 

 

接客業

ホテル・旅館での従業員・コンビニの店員・アパレルショップの店員など、接客がメインの仕事も人手不足状態です。コンビニなどでは外国人労働者が増えているほど人手不足なので、日本人ならばなおさら就職は容易だと考えられます。

 

 

 

介護業界

現代の高齢化社会では、介護の需要は極めて高いといえます。また、他の業界と比較して専門知識・専門技術をあまり必要としません。

未経験者や、たとえ50歳でも正社員就職が可能という就職のハードルの低さが魅力です。




スポンサーリンク



 

 

 

建設業界

建設業界では、「人手不足倒産の続出」が問題視されるほど、人が足りていない状況です。

若者の多くがホワイトカラー志向の現代では、人が集まらない建設業界は狙い目であると言えます。




スポンサーリンク



建設作業は夜間は作業禁止の場合が多く、残業を強いられることもほぼ無いというメリットがあります。

 

 

 

運送業界

トラックなどで荷物を運送する仕事です。ネット通販が日常に根ざす時代となったので、倉庫から各家庭へ荷物を運ぶトラック運転手の需要は高まっています。

 




人手不足業界に就職することの魅力とメリット

 

魅力とメリット

  1. とにかく人手が足りないので、「応募→即採用」となりやすい
  2. 特殊なスキルや資格は不要なことが多い
  3. 派遣社員や契約社員のような非正規雇ではなく、正社員就職が容易

 

 

やはり、人手不足業界への就職の最大のメリットは「就職のハードルが低い」ことです。

高齢でなかなか就職が決まらない人、30代までニートをしていた人が社会復帰をするための仕事先など、普通の業界では就職が難しい人達用の仕事として、人手不足業界は救済手段になり得ます。

 

人手不足の業界で働くなら覚悟しておくべきこと

 

人手不足業界は、これらの特徴のいずれかを備えている

  1. 長時間労働が日常的など、いわゆる「激務」である
  2. 客からクレームがよく来ることや、同僚との関係がギスギスしているなど「人間関係が大変」
  3. 土木作業に代表される「肉体への負担が大きくて、しかも危険」な仕事が多い
  4. 「給与額が低い」ことがある
  5. 以上のようなマイナスの労働条件から、「離職率が高くて、業界に人が定着しない」

 

 




スポンサーリンク



2009年度の、飲食業界の入社3年後の離職率は48.5%。それ以前の7年間では、45.7~54.4%の範囲で推移しています。

全業界での離職率の平均が28%なので、飲食業界の離職率はかなり高いといえます。

やはり、人手不足業界=人が集まらない業界ということは、そうなる理由があるだけのわけあり業界なのです。

現在の仕事内容・職場に不満がある場合、転職することも検討するべきです。

転職サイト「リクナビNEXT」は、たくさんの優良企業が登録されていて、企業側から就職のオファーが次々とかかる、無料の人気転職サイトです。

 

その業界の労働のキツさがネットで知れ渡って人手不足に

 

インターネットに常時接続できるスマートフォンが国民的普及をしたことで、誰でもネットに仕事の裏事情を書き込むことができるようになり、「ブラック業界」の実態も知れ渡るようになってしまいました。

そのせいで、業務がキツい業界には人が寄りつかないようになり、結果的に人手不足となっています。

待遇やブランドイメージが良い大企業ばかりに人が殺到し、その逆にブラック業界には人が寄りつかず、「ブラック業界へ行くくらいならニートをする!」という人も出始め、業界への供給が極めてアンバランスになりつつあります。

仕事をえり好みばかりしていると、どこにも就職できなくなってしまうので、「あれもブラック、これもブラック…」といたずらに不安視するのは良くありません。

 




今後、人手不足業界の待遇は改善されるか

 

例えば、有名な全国チェーン店の牛丼屋では、「従業員がたった1人で店を回している、ワンオペ状態」の写真がSNSにアップロードされ、飲食業界の人手不足状態が全国に知れ渡りました。

この有名全国チェーン店は、全国の店舗の約6割を人手不足を理由に一時閉店せざるを得なくなり、これまでワンオペ運営で従業員に過度の負担を強いてきたツケを支払わされる形になりました。




スポンサーリンク



SNSユーザー達によって常に店内や業務状況が監視されていることと、店員が内情をいつでもSNSにリークできることから、運営方針に問題のある業界は常に「ブラックな内情を暴露される→誰も採用面接に来なくなり、人手不足になる」という状況になっています。

さらに、少子高齢化で、根本的に働き手の数が減る見込みから、業界は人材を大事に扱うほかは無い状況にあります。

これらのことから、これまで人手不足にあったブラック業界は、だんだん労働条件が改善されていくと推測されます。



この記事の関連記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました